新緑の軽井沢を満喫!「2018グランフォンド軽井沢」参加者募集中。

《速報》前橋競輪最終日『最終12レースA級決勝』デビューから4場所連続の完全優勝を目指すゴールデンルーキー菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が今日も残り半周から豪快な走りを見せ快勝!昇格後初のシリーズを完全制覇‼これでデビューからの連勝は12となった。ダイジェスト動画(10月23日) 《ニュース》西武園競輪2日目『第5レースA級チャレンジ準決勝』で地球環境高出身の宮下一歩(長野県)がおよそ1周半のロングスパートで逃切り初日に続き二連勝!最終日の決勝に臨む。ダイジェスト動画(10月23日)   《ニュース》京都向町競輪最終日 『第5レースA級特選』に 小峰烈(長野県)が登場。残り半周で5番手に付けると、前4名の選手を豪快に抜き去り1着!今年に入り7勝目を挙げた。ダイジェスト動画(2月21日)  《ニュース》昨年UCI規定により、定年のため引退した 小林秀一 前長野県自転車競技審判長が「長野県スポーツ振興功績者」として表彰されることが内定。授賞式は来月、長野県庁で行われる(2月20日) 

2018グランフォンド軽井沢開催

 今年もグランフォンド軽井沢が5月12日(土)13日(日)の二日間行われる。このイベントは単にロングライドだけのサイクルイベントでは無く、新緑の「リゾート地の雰囲気」や「地元の味」。そして開催地がアウトレットタウンにも近いので「ショッピング」など軽井沢の魅力を堪能出来るイベントでもある。

 

新緑の軽井沢を満喫出来る多彩なコースとイベント

 軽井沢の大きな特徴として、日本で唯一とも言えるタンデム(2人乗り自転車)でのイベント参加が可能なことが挙げられる。最近は道路交通法上の決まりもあり、なかなかタンデムを公道で自由に走らせることが出来ない上、サイクリングイベントでも断られることが多い。しかし、このイベントはタンデムでの参加も認められており、家族や友人と力を合わせて完走を目指すことが出来る。

 前日祭にあたるグルメフォンド軽井沢も大きな特徴で、午前中の軽井沢町内(約35km)をのんびりと自転車でサイクリング。ゴールには地元有名レストランやホテルが用意するスペシャルフードを楽しむことが出来る。前日の足慣らしを兼ねて軽井沢町内をのんびり楽しみながら青空の下でブランチを楽しんでみては…

 ハーフ&ハーフ軽井沢は、浅間山麓一周約116.3km(49.1km+67.2km)を二日にわたって走破するイベント。家族友人との一泊二日の冒険ライドとなる。また今年もグランフォンド嬬恋グランフォンド小諸と共催のため、どこでエントリーするか?でコース上のスタート&ゴール地点が変わってくるのも面白い。もちろん通常のグランフォンド軽井沢2400(浅間山麓一周115.8km)も人気なので、参加希望者はお早めに

 

グランフォンド軽井沢 開催概要

 

 開催日:2018年5月12日()・13日(

 主催:グランフォンド軽井沢実行委員会

 

 《募集》

 ザ・グルメフォンド軽井沢 500人

 ザ・タンデムフォンド軽井沢 80人 (40組)

 グランフォンド軽井沢ハーフ 200人

 ハーフ&ハーフ軽井沢 200人

 グランフォンド嬬恋 200人

 グランフォンドKOMORO 350人

 グランフォンド軽井沢2000 400人

 グランフォンド軽井沢2400 800人

 スーパー・タンデム軽井沢 –人 (計画中)

 スーパー・グランフォンド軽井沢 20人

 スーパー・チャレンジ軽井沢 100人

 

【お問い合わせ】

グランフォンド軽井沢実行委員会事務局 東京オフィス(10:00〜18:00、土日祝は除く)

電話:03-3564-5501

E-mail:granfondo@brandex.co.jp

 

 


《LINK》

 グランフォンド軽井沢公式HP

 グランフォンドKOMORO公式HP

 グランフォンド嬬恋公式HP

 ※グランフォンド小諸・嬬恋は姉妹イベントになり同日開催。