〔告知〕いざ!沖縄へ!!「2019年インターハイトラック競技長野県予選」レース展望。

《速報!》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日)

「2019年インターハイトラック競技長野県予選」レース展望。

 

 長野県自転車競技連盟は5月28日、本年の国体予選とインターハイ予選を兼ねた「トラック競技長野県大会」の出場者リストを発表した。今年は春のセンバツの個人追抜きで3位表彰台の山田拓海(飯田風越)を中心に激戦が予想される。詳しくは下記を参照…

 

 

出場予定選手

 

 

男 子

飯田風越高校 青島 冬弥 3年生  2018年 秋新人戦優勝〔2018年 長野県代表〕
山田 拓海 3年生  前年大会優勝〔2019年 ロード日本代表〕
柴田 晃宏 2年生  
 伊那北高校 鈴木 来人 3年生  2018年 秋新人戦3位〔2019年 シクロ日本代表〕
金田 隼輔 3年生  
上田千曲高校 畑山 駿一 3年生  2019大学RCS飯山ラウンド3位
長野南高校 寺島 桜汰 3年生  
松川高校 宮澤 小太郎 2年生  2018年 秋新人戦4位
松商学園 中島 壮琉 1年生  2018Mt.乗鞍ジュニア優勝
松本深志高校 小林 雅幸 2年生  
松本工業高校 山浦 秀明 3年生  2018 全国都道府県大会長野県代表
田中 裕一郎 3年生  2018,19春の選抜〔2018長野県強化指定〕
平山 大地 3年生  
小野 悠飛 3年生  
笠井 大太郎 3年生  2019春の選抜
萩原 隆祐 3年生  2018秋の新人戦7位  2018春の選抜
宮坂 元 3年生  
平田 開人 2年生  
田総 蓮 2年生  
原 愛貴 2年生  
加科 爽人 1年生  
鳥羽 尊 1年生  

 

女 子

飯田風越高校 榊山 来実 3年生  2018国体・都道府県大会 長野県代表
松本工業高校 小松 真子 2年生 2018国体・都道府県大会 長野県代表

 

出走予定者リスト(PDF:長野県自転車競技連盟)

 

 

 

各チーム紹介

 

飯田風越高校

 昨年の秋のトラックでは爆発的な強さを見せた飯田風越。秋の新人戦四冠・春のセンバツ個人追抜きで大会新記録を出して3位の山田拓海(3年)、県新人戦ロードで優勝の青島冬弥(3年)柴田晃宏(2年)を加えて団体種目でもインターハイ出場を目指す。先日のロードレースで四季連続優勝を逃した飯田風越がトラックでの巻き返しをはかる。また女子は榊山来実(3年)がエントリー。今年も長野県国体代表として期待の選手だが、先ずはインターハイ出場を目指したい。

 

飯田風越は団体種目でもインターハイを狙う。

 

初のインターハイ出場を目指す榊山来実(3年生)

 

 

 

伊那北高校

 シクロクロス日本代表の鈴木来人(3年)と、金田隼輔(3年)がエントリー。先日のロードレース長野県大会で優勝した鈴木はロード長野県王者としてインターハイへの出場が有力だが、トラックでの活躍も期待される。一方で少し気になるのは、そのロード長野県大会で不慮の落車に巻込まれた金田がどの程度復調したか?気になるところ。

 

先週の木島平で念願のロードレース長野県王者となった鈴木来人(3年)

 

 

 

上田千曲高校

 先日のロードレースでは粘りの走りを見せた畑山駿一(3年)がエントリー。決してトラックを専門としている選手では無いが、この数か月取り組んで来た肉体改造の成果を見せたいところ。ヒルクライマーで長距離を得意とする畑山、今回は敢えて短距離でどの程度昨年から記録を縮められるか?一冬越えたパワーの向上に注目したい。

 

今年は既にヒルクライムでの強さを見せたが、シーズン中盤ではパワー向上に期待したい。

 

 

 

長野南高校

 北信エリアからは唯一の出走となる寺島桜汰(3年)。トラックでは計測系3種目に加えて、競争系のケイリンにエントリー。個人的にはどこまで粘りの走りを見せられるか?特に展開次第ではチャンスがあるケイリンに期待したい。

寺島には、1kmのタイムとケイリンに期待したい。

 

 

松川高校

 先日のロードレース長野県大会で4位の好成績を残した宮澤小太郎(2年)。昨秋の新人戦から県の自転車関係者に最も大きなアピールをしている2年生が今大会はトラックでもエントリー。ロードを見る限り、中長距離に強いことは充分に予想されるが、先ずは初めてのトラックの大会でしっかりとリザルトを残して欲しい。

 

松商学園高校

 期待のルーキー中島壮流(1年)だが、ここへ来て練習中に負傷という心配なニュースが飛び込んで来た。そのポテンシャルの大きさは既に周知の所だが、まだ1年生ということもあり先ずは無理をせずに回復に努めることを優先して欲しい。

 

松本深志高校

 先日のロード長野県大会では6位と云うリザルトだけでなく、レース中に集団内でしっかりとその存在をアピールした小林雅幸(2年)。今回はトラック初登場となるが、先ずは計測系3種目でしっかりとリザルトを残して欲しい。

 

松本工業高校

 ロード長野県大会では終始精彩を欠いたマツコウ。昨年の大会では当時3年生の中西が大爆発して県三冠を達成、戦前の飯田風越有利の予想を大きく覆した。山浦・田中・笠井・萩原・小野・平山・宮坂と数多くの三年生を抱えるマツコウとしては是が非でも最後の長野県大会で結果を残したい。特に注目したいのは、団体追抜き・チームスプリントの団体種目で北信越を見据えた戦いを期待したい。また、女子では体調不良から長期戦線離脱していた小松真子が復帰。先ずはしっかりと感覚を取り戻す走りを期待したい。

 

チームスプリントとチームパシュートの団体種目に期待のかかる松本工業

 

 

レース展望

 

昨秋の新人戦より

 

200mフライングタイムトライアル

 昨年の新人戦の展開から、「飯田風越」と「松本工業」の一騎打ちが予想される。昨秋王者の山田拓海(飯田風越)と準優勝で春のセンバツに同種目で出場した笠井大太郎(松本工)。さらには新人戦で怪我をして思うような結果を残せなかった山浦秀明(松本工)、短距離にも定評のある田中裕一郎(松本工)青島冬弥(飯田風越)までが11秒台の中にひしめいており大混戦が予想される。そこに2年生の田総連(松本工)がどの程度食い込めるか?秋を見据えて注目したい。

 

1kmタイムトライアル

 1kmに関しては、飯田風越の山田拓海青島冬弥が新人戦終了時では抜きん出ていた。対抗はやはり短距離に適正がある選手を多く抱える松本工業の山浦秀明田中裕一郎笠井大太郎萩原隆祐の3年生が一冬越えてどこまでタイムを伸ばせるか?期待したい。またこの種目、ロード以降好調の鈴木来人(伊那北)畑山駿一(上田千曲)がどの程度パワーアップしているかも併せて注目したい。

 

3km個人追抜き

 この種目は、春のセンバツで大会新記録を更新した山田拓海(飯田風越)の独壇場となることが予想される。また、山田がインターハイ本戦で表彰台を狙うのであれば長野県内ではその力を見せつけ好タイムでの完勝を期待したい。その山田に挑戦するのは秋の新人戦で強さを見せた笠井大太郎(松本工)そして、青島冬弥(飯田風越)の走りにも注目したい。

 

ケイリン

 ケイリンは、山浦・田中・萩原・笠井・平山・宮坂と短距離種目にタレントを揃える松本工業に注目したい。昨年のインターナショナルトラックカップ(ジュニア)でも、山浦・萩原・田中で表彰台を独占した。そんなマツコウに寺島桜汰(長野南)金田隼輔(伊那北)が挑戦する。

 

ポイントレース

 注目はロード日本代表の山田拓海(飯田風越)、シクロクロス日本代表の鈴木来人(伊那北)の日本代表二人に山浦秀明(松本工)宮坂元(松本工)のマツコウコンビ。さらには金田隼輔(伊那北)が挑戦する。

 

スクラッチレース

 スクラッチ注目は昨秋の新人戦で準優勝の田中裕一郎(松本工)と3位の青島冬弥(飯田風越)。さらに、初出場の宮沢小太郎(松川高)がエントリー。山浦・平山・笠井・萩原とマツコウ勢の足も揃っており混戦が予想される。

 

3km速度競争

 インターハイの公式種目3km速度。規定回数の先頭責任を果たした上でどうレースを構築するか?非常に戦略が重要とされるこの種目は、フィジカルに優れトラック経験豊富な青島冬弥(飯田風越)鈴木来人(伊那北)山浦秀明(松本工)が軸となることが予想される。

 

チームパシュート・チームスプリント

 団体種目に関しては県内最多の部員数を誇る松本工業の独壇場ではあるが、チームスプリントには飯田風越もエントリー。共に北信越を見据えた走りが期待される。特に松本工業は一昨年以来の団体種目でのインターハイ出場を狙う。

 

 

日程《予定》

 

第1日目 6月1日(土)

選手受付 8:40 ~ 競技場内管理棟横テント内
競技役員打合せ 9:10 ~ 競技場内管理棟会議室
開会式 9:25 ~ 競技場内
競技開始 9:40 ~
①チームスプリント決勝 9:40 ~ 少年
②200mFTT 10:00 ~ 少年(男子・女子)・成年
③1Km・500mTT決勝 11:05 ~ 少年・成年・500m
昼 食 12:05 ~
④IP決勝 13:00 ~ 少年・成年
⑤ケイリン1回戦 15:40 ~ 少年
⑥4Km速度競走決勝 16:05 ~ 少年

 


 

第2日目 6月2日(日)


競技役員打合せ 9:00 ~ 競技場内管理棟横テント内
競技開始 9:30 ~ 競技場内管理棟会議室
⑦チームパシュート決勝 9:30 ~ 少年
⑧スクラッチ決勝 9:55 ~ 成年・少年
⑨ケイリン決勝 10:50 ~ 成年・少年
⑩ポイントレース決勝 11:30 ~ 成年・少年
昼 食 12:10 ~
閉会式 13:00 ~

 

 

この時期の美鈴湖は紫外線が強く、天気が崩れやすいのでご注意下さい。

 

 

 

会場へのアクセス

 

 

 松本市美鈴湖自転車競技場
 住所:〒390-0302 松本市三才山1830番地

 

 

〔お車の場合〕

  ⾧野自動車道梓川SAスマートインターチェンジより13km、車で30分
  (松本トンネル有料道路経由)

 

〔公共交通〕

  JR松本駅よりバスにて美鈴湖下車

 

〔入場無料〕

 

 

いよいよトラック種目でも

インターハイ長野予選が開幕します。

今年はタレントが揃った長野県高校自転車界

是非多くの方のご来場をお待ちしております。

 

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

全国高体連自転車専門部

長野県高体連



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TVアニメ「弱虫ペダル NEW GENERATION」オリジナル・サウンドトラック [ 沢田完 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2019/5/29時点)

楽天で購入