〔結果〕美麻で信州勢が躍動!「第75回インカレ-ロードレース-」長野県勢の結果。

《速報!》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日)

〔結果〕「第75回インカレ-ロードレース-」長野県勢の結果。

 

 大学生達の甲子園にあたる「第75回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権自転車競技大会」(通称インカレ)は、9月1日(日)に今大会最後の種目となる女子・男子ロードレースが大町市美麻地区特設コースで行われた。既に《速報》でお伝えした通り、長野県勢では松本工業出身の小出樹(京産大2年)が準優勝という快挙を果たした他、下諏訪向陽高出身の佐藤宇志(明星大2年)が5位入賞を果たすなど目覚しい活躍を見せ大町に集まった観衆を大いに沸かせた。大会結果は下記の通り。

 

尚、サイクリング長野ですが…
当初、今大会はPRESSとして参加が決定していましたが
事前の設営メンバーが足りないということで、設営の手伝いに行くと
大会の前々日に審判が足りないと云うことで、車両審判を打診され
当日になると、今度は競技役員が足りないということで
競技運営車両に乗り執務を行うことになりました。

県勢も活躍し、素晴らしいレースであったのにも関わらず
自分自身、最後までレースで何があったのか全く解らず
順位しかお伝え出来ないことを
皆さんに申し訳無く思っています。

また、レース中に自分の乗った車両が通る度に
路上で手を振って下さった方・御声援下さった
県サイクリストの皆さんに厚く御礼申し上げます。

 

 

第75回インカレ女子ロードレース結果

公式リザルト(PDF:学連公式より)

女子ロードレース結果

1位 福田 咲絵(慶応大)
2位 池上あかり(早稲田大)
3位 川口うらら(日体大)
途中棄権   庄田 愛子(信州大)

※庄田選手(信州大)は1周回目に不運な集団落車に巻込まれ
 何とか走り出すも身体を強く打ち付けリタイアとなった。
 庄田選手に大事は無く、男子レースではチームの補給係に復帰していた。

 

第75回インカレ女子総合最終順位(トラック&ロード)

1位 日本体育大学
2位 鹿屋体育大学
3位 早稲田大学
4位 法政大学
5位 順天堂大学
6位 慶応大学
7位 京都産業大学
7位 八戸学院大学 

 

第75回インカレ女子総合優勝は日本体育大学が連覇を達成した。

 

 

 

第75回インカレ男子ロードレース結果

公式リザルト(PDF:学連公式より)

 

(参照元:Youtube/シクロチャンネル)

 

男子ロードレース結果

1位 武山 晃輔(日本大)
2位 小出  樹(京産大:松本工出)
3位 片桐東次郎(日本大) 
5位 佐藤 宇志(明星大:下諏訪向陽出)
13位 佐藤 大志(明星大:下諏訪向陽出)
17位 岩原那央也(神戸大:長野高校出)
29位 小林 弘幸(信州大)
31位 大森 峻介(信州大)
途中棄権   寺尾  駿(信州大)
途中棄権   熊野 勇介(信州大)
途中棄権   西部 真生(信州大)
途中棄権   中田 雄大(信州大)
途中棄権   佐藤 優太(信州大)
途中棄権   橋本 嶺登(長野大)

出走170名 完走者51名

 

男子表彰式で表彰される小出樹(京産大)と佐藤宇志(明星大)

 

全日本学生個人選手権3位に続き、インカレでは準優勝の小出樹(京産大)

 

 

第75回インカレ男子ロード総合順位

1位 日本大学
2位 中央大学
3位 京都産業大学
4位 明星大学
5位 鹿屋体育大学
6位 東北学院大学
7位 法政大学
8位 京都大学

 

インカレロードレース5位となり、明星大のロード総合順位4位躍進の立役者となった佐藤宇志(明星大)

 

 

第75回インカレ男子総合最終順位(トラック&ロード)

1位 中央大学 (初優勝)
2位 日本大学
3位 明治大学
4位 日本体育大学
5位 早稲田大学
6位 朝日大学
7位 京都産業大学
7位 法政大学 

 

大学の垣根を越えて引退する4年生が記念撮影を行う。

 

 

サイクリング長野より

 

これにて今年のインカレが終了しました。

同時に2019年、長野県内最後の大学公式戦が

無事に終了致しました。

 

先ずは大会運営に携わって頂いた

長野県内全ての自転車関係者の皆様に

厚く御礼を申し上げます。

 

特にこの数週間は本当に大変な

ご苦労だったと思います。

改めまして、四月の飯山に始まり

この週末まで、学連大会に携わって

いただいた皆様全てに厚く御礼を

申し上げます。運営に携わって頂いた方

スポンサーの皆様、審判の方々、

沿道で温かいご声援を送って下さった方々

受入れに御理解とご尽力を頂いた開催地域の皆様

裏方でそんな人々を支えて下った方々

本当にありがとうございました。

 

大学連盟にかわって心より御礼申し上げます。

そして、また機会がありましたら来年も

大学生大会にお力添えを頂けますよう

重ねてお願い申し上げます。

 

 

関連LINK

日本学生自転車競技連盟

 第75回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会(学連公式HPより)

 
麻の館(最寄りの施設:麻の資料館)
 
アルピコ交通大町線(長野方面よりのバス)
 
大町市民バス(松本方面よりのバス美麻線を参照)
 


 

 

感謝を込めて・・

楽天で購入