〔速報〕JOCジュニアオリンピックMTB「男子キッズの部B」で山田逞翔(長野県)が優勝。

〔結果〕「KENDAダウンヒルシリーズ最終戦」女子エリートで原つばさ〈白馬マウンテンバイククラブ〉が準優勝。(12月5日) 〔結果〕「第53回全日本トラックチヤンピオンシップ」男子4㎞個人追抜き北澤竜太郎〈MISUZUKO TEST TEAM〉が3位表彰台(12月5日)〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム〈小峰・柿澤・宮下・堀江〉4分24秒448(11月30) 〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〈岡谷南出〉1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 

JOCジュニアオリンピックMTB「男子キッズの部B」で山田逞翔(長野県)が優勝。

 

 本日8月4日(日)白馬村クロスカントリー競技場スノーハープで行われた「JOCジュニアオリンピックカップ《男子キッズの部B》」で長野県の山田逞翔(やまだ たくと)が未就学児の部B(補助輪付き)の部で優勝を果たした。

未就学児からジュニアにとっては、日本一を決める全日本選手権にあたるJOCジュニアオリンピック。まだ補助輪が取れないカテゴリーで出走した山田はランバイク《ペダルが付いていない自転車》で出走し0.42kmを勇敢に走り切り今年のキッズBの優勝者となり、優勝者の証であるレインボージャージを獲得した。

 

炎天下の中で力走を見せる山田逞翔(長野県)

 

レースを終えて家族と談笑する山田逞翔(長野県)

 

 

速報リザルト

 

1位 山田 逞翔(長野県) 1分57秒95
2位 岩田 一稀(愛知県)3分07秒39

 

記者団のフォトリクエストに手をあげて応える山田逞翔(長野県)

 

 

13時30分スタートに開始されたレース

まだ未就学児の山田選手にとっては

非常に過酷で、長い0.42kmだったと思います。

勇敢に走りぬいた山田選手に

敬意を表すと共に、

この勝利が何時までも良い思い出になるように…

そして、何時までも自転車が好きであって

欲しいと心より願います。

 

 

 

関連LINK

大会公式HP

白馬クロスカントリー競技場

白馬マウンテンバイククラブ

MTBクラブ安曇野

マウンテンバイクリーグ

長野県自転車競技連盟