〔速報〕JOCジュニアオリンピックMTB「男子キッズの部B」で山田逞翔(長野県)が優勝。

《ニュース》川崎競輪初日「第5レースA級予選」2週間ぶりにゴールデンルーキー菊池岳仁(岡谷南出/長野県)が出走。この日も先頭誘導が離れると同時に逃げを見せると後続に一度も先頭を譲らず圧勝!先ずは明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(4月4日)《お知らせ》5月4日に美鈴湖自転車競技場で開催予定だった「TRS第1戦」は中止が決定。詳しくはこちら(4月2日)  《お知らせ》4月1日より「松本市美鈴湖自転車競技場」の2020年シーズンの営業が開始致します。(3月31日)  《ニュース》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日)

JOCジュニアオリンピックMTB「男子キッズの部B」で山田逞翔(長野県)が優勝。

 

 本日8月4日(日)白馬村クロスカントリー競技場スノーハープで行われた「JOCジュニアオリンピックカップ《男子キッズの部B》」で長野県の山田逞翔(やまだ たくと)が未就学児の部B(補助輪付き)の部で優勝を果たした。

未就学児からジュニアにとっては、日本一を決める全日本選手権にあたるJOCジュニアオリンピック。まだ補助輪が取れないカテゴリーで出走した山田はランバイク《ペダルが付いていない自転車》で出走し0.42kmを勇敢に走り切り今年のキッズBの優勝者となり、優勝者の証であるレインボージャージを獲得した。

 

炎天下の中で力走を見せる山田逞翔(長野県)

 

レースを終えて家族と談笑する山田逞翔(長野県)

 

 

速報リザルト

 

1位 山田 逞翔(長野県) 1分57秒95
2位 岩田 一稀(愛知県)3分07秒39

 

記者団のフォトリクエストに手をあげて応える山田逞翔(長野県)

 

 

13時30分スタートに開始されたレース

まだ未就学児の山田選手にとっては

非常に過酷で、長い0.42kmだったと思います。

勇敢に走りぬいた山田選手に

敬意を表すと共に、

この勝利が何時までも良い思い出になるように…

そして、何時までも自転車が好きであって

欲しいと心より願います。

 

 

 

関連LINK

大会公式HP

白馬クロスカントリー競技場

白馬マウンテンバイククラブ

MTBクラブ安曇野

マウンテンバイクリーグ

長野県自転車競技連盟