〔速報〕JOCジュニアオリンピックMTB「男子小学1年の部」で渡邊善大(白馬南小)が優勝。

《ニュース》川崎競輪初日「第5レースA級予選」2週間ぶりにゴールデンルーキー菊池岳仁(岡谷南出/長野県)が出走。この日も先頭誘導が離れると同時に逃げを見せると後続に一度も先頭を譲らず圧勝!先ずは明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(4月4日)《お知らせ》5月4日に美鈴湖自転車競技場で開催予定だった「TRS第1戦」は中止が決定。詳しくはこちら(4月2日)  《お知らせ》4月1日より「松本市美鈴湖自転車競技場」の2020年シーズンの営業が開始致します。(3月31日)  《ニュース》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日)

 

〔速報〕JOCジュニアオリンピックMTB「男子小学1年の部」で渡邊善大(白馬南小)が優勝。

 

 

本日8月4日(日)白馬村クロスカントリー競技場スノーハープで行われた「JOCジュニアオリンピックカップ《男子 小学校1年生の部》」で長野県の渡邊善大(白馬南小学校)が優勝した。キッズ・ジュニアの選手達にとって日本一を決める全日本選手権にも相当するジュニアオリンピック。男子小学1年の部は全国から15名の選手が出走。渡邊選手はスタート直後の登り区間で一気にトップに立つと、その後も力強い走りを見せ2位に約20秒差をつけての優勝となった。

 

 

山田 逞翔(白馬南小:長野)

スタートから一気にトップに立つと堂々たる走りで優勝の渡邊善大(白馬南小)

 

 

速報リザルト

 

1位 山田 逞翔(白馬南小:長野) 8分32秒90
2位 西村 結都(品川学園:東京) 8分52秒42
3位 高井 好誠(朝霧小 :兵庫) 9分18秒34

 

名前を呼ばれ表彰を待つ渡邊善大(白馬南小)

 

ジュニアオリンピックカップ優勝の証「レインボージャージ」を纏う渡邊善大(白馬南小)

 

 

 

 

渡邉選手も13時スタートという

酷暑の中、スタートからトップに立つと

終始力強い走りで優勝を果たしました。

まだ1年生ですが、この体験が

今後の人生において「良い思い出」となり

今後の日常生活での自信に繋がればと思います。

そして、今後も変わらず自転車を

好きであって欲しいと強く願っています。

 

 

関連LINK

大会公式HP

白馬クロスカントリー競技場

白馬マウンテンバイククラブ

MTBクラブ安曇野

マウンテンバイクリーグ

長野県自転車競技連盟