〔速報〕大学ロードシリーズ第7戦 小林弘幸(信州大)が2位となり念願の「クラス1」に昇格!!

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

RCS第7戦 小林弘幸(信州大)が念願の1クラスに昇格!!

 

 本日9月24日静岡県小笠山総合運動公園エコパで行われた大学連盟(学連)主催のロードレースシリーズRCS第7戦にて信州大学の小林弘幸がカテゴリー1+2レースで2位となった。これにより小林は次レースからカテゴリー1へ昇格。県大学勢で唯一の1部レースで走ることとなった。

 

3月の外苑クリテリウムで優勝そして…

 小林はを語る上でかかせないのは、今年の3月(昨年度)に行われた2017年度大学シリーズ最終戦の神宮外苑クリテリウム(カテゴリー3)での優勝が挙げられる。このレースで小林は積極的に序盤から動く。平坦で差がつきにくいコースレイアウトの中、最後のコーナーでスプリントに持ちこみここでも積極的に動き他校の強豪選手を振り切って優勝、見事にカテゴリー2への昇格を果たした。そして、およそ半年後の今日も接戦の中で2位でゴールへ飛び込み長野県自転車界にとっても価値あるカテゴリー1昇格を果たした。

 

神宮クリテリウムで園原(日大:飯田風越)の後方で機会を伺う

外苑クリテでは中盤から積極的に仕掛け集団の先頭を牽引する

最後はスプリントを制して優勝して最終戦でクラス2へ昇格した。

 

先週の岩原選手の昇格に続き

今週はついに長野県から

大学のDv.1で走る選手が誕生しました。

信州大にとっても

長野県自転車界にとっても

本当に価値ある昇格です。

小林選手に大きな称賛と

是非これを期に名前を覚え

ご声援のほどよろしくお願い致します

 

 

関連LINK

信州大学自転車競技部

日本学生自転車競技連盟