〔速報〕2018 Raphaスーパークロス野辺山 大会初日!各カテゴリーで長野県勢が活躍!!

〔結果〕「KENDAダウンヒルシリーズ最終戦」女子エリートで原つばさ〈白馬マウンテンバイククラブ〉が準優勝。(12月5日) 〔結果〕「第53回全日本トラックチヤンピオンシップ」男子4㎞個人追抜き北澤竜太郎〈MISUZUKO TEST TEAM〉が3位表彰台(12月5日)〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム〈小峰・柿澤・宮下・堀江〉4分24秒448(11月30) 〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〈岡谷南出〉1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 

〔速報〕野辺山シクロクロス大会初日!長野県勢が活躍!!

 

 冬自転車の祭典「Raphaスーパークロス野辺山」は南牧村の滝澤牧場で大会初日が行われた。シクロクロスのお祭りとして全国的な人気を誇るこの大会は、今年からはUCI-1クラスとなり名実共にアジアで最高峰の大会となり国内外から多くのライダーが初冬の野辺山を走り抜けた。迎え撃つ長野県勢は初日から各カテゴリーで躍動!多くの選手が会場を盛り上げる走りをみせた。速報は以下の通り…

 

 

長野県勢 初日の様子

 

C3クラス(カテゴリーⅢ)

 

スタート前に集中する⾼嶌厚志(スワコレーシング)

 第一列目からスタートは信州クロス開幕戦C3優勝の鈴木一輝(左から二人目)

シケインを飛び越える永野昇海(イナーメ信濃山形)

オープニングラップから後続を突き放す松本一成(Team SCOTT)

2位の⾹⼭⾶⿓(横浜高)を激しく追う山田拓海(飯田風越高)

 

C3クラス優勝の松本(Team SCOTT)と準優勝の山田拓海(飯田風越高)

 


 

CL2+CL3(女子カテゴリーⅡ+Ⅲ)

 

 担ぐのに重く不利なMTBで出場の山崎裕子(パワースポーツSICK)

 

3位表彰台で野辺山名物のカウベルメダルを獲得する山崎選手

 


 

CM2+CM3(マスターズカテゴリーⅡ+Ⅲ)

 

スタート直後の第1コーナーに飛び込む清水衛理(パワースポーツSICK:画像右)

 

準優勝でインタビューを受ける鈴⽊敦夫(松本エキノコックス)

 


 

CJクラス(ジュニアクラス:高校生)

 

野辺山名物フライオーバーを下る鈴木来人(伊那北)

 

準優勝で飯山・幕張・野辺山と三週連続の表彰台に上がる鈴木来人(伊那北高)

 


 

UCI女子エリート

 

世界の強豪相手に4位でシケインを通過する松本璃奈(Team SCOTT:茅野高校)

転倒しながらも力走する日本女王の今井美穂(Co2 Bicycle)

女子エリート初日の優勝を確信し観客とハイタッチするサミー・ルーネルズ(スクイッド・クワイエット)

 

女子エリート表彰式

 

大会初日の映像(bikin!TV!さんより)

(参照元:Youtube)

 


 

UCI男子エリート

 

スタートに立つ日本王者 小坂光(宇都宮ブリッツェン:佐久長聖出)

フライオーバーを通過する“父”小坂正則(スワコレーシング)

前節の飯山ラウンドで優勝の沢田時(ブリヂストン)が先頭を追う

ブッシュエリアを力走する横山航太(シマノレーシング:篠ノ井高出)

スワコレーシングの2人(兼子・小坂)がコーナーで競合う。

2018年野辺山シクロクロスUCIエリート初日の表彰台

 

大会初日の映像(bikin!TV!さんより)

(参照元:Youtube)

 

 

初日の長野県勢の速報をお知らせしました。

まだ公式リザルトがウェブ上に

公開されていませんが、初日から

長野県勢が健闘して会場を沸かせました。

明日は大会二日目です!

ぜひ現地「野辺山滝沢牧場」へお越しの上

温かいご声援をお願い致します。

尚明日は、急遽大会の役員としてお手伝いすることとなりました。

写真を撮影出来ませんがご了承下さい。

 

 

関連LINK

滝沢牧場(会場)

信州シクロクロス(シクロクロスミーティング公式HP)

日本シクロクロス競技者主催協会(AJOCC)

スーパークロス野辺山(公式HP)