〔頑張れ信州〕今週末開催「JICFインターナショナルトラックカップ2021」長野県関連出場選手紹介。

〔結果〕「KENDAダウンヒルシリーズ最終戦」女子エリートで原つばさ〈白馬マウンテンバイククラブ〉が準優勝。(12月5日) 〔結果〕「第53回全日本トラックチヤンピオンシップ」男子4㎞個人追抜き北澤竜太郎〈MISUZUKO TEST TEAM〉が3位表彰台(12月5日)〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム〈小峰・柿澤・宮下・堀江〉4分24秒448(11月30) 〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〈岡谷南出〉1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 

「JICFインターナショナルトラックカップ2021」長野県関連出場選手紹介。

 

 いよいよ今週末7月3日・4日に松本市で開幕する

JICFインターナショナルトラックカップ(UCI トラック・クラス2)の

エントリーリストが、日本学生自転車競技連盟より発表された。

コロナ禍の中で2年振りの開催となる今大会は

競技者を含む来場者全員がPCR検査を受けて開催される。

長野県関連選手は3名。大会は無観客で行われる。

 

 

 

長野県関連出場選手予定紹介

 

阿部佑介(信州大学)
お馴染み信州大学が誇る大型スプリンター。ユニークなキャラクターで
今年は秋山主将と共に最上級生として信州大学を牽引する。
3月に腰の手術をして、これが約1年振りの復帰戦となる。
今年は地元三重県での国体もあり三重県代表としての活躍も期待される
今大会も豪快な走りを期待したい。
【出場予定種目:ケイリン・スプリント】

 

リ・ズイシ(信州大学)
中国からの留学生で今大会初出場を果たす
トラック競技自体は今年から始めたが、練習でも
非常に力強い走りを見せ、今大会での活躍が期待される。
【出場予定種目:スプリント・オムニアム】

 

菊池岳仁(楽天Kドリームス/岡谷南出)
昨年、競輪養成所(旧競輪学校)を史上初の成績優秀につき
早期卒業を果たした「令和の怪物」菊池選手。
昨年からは若手を中心とした日本代表Bチームにも選出され
次回のパリオリンピックを目指す。現役S級競輪選手
【出場予定種目:ケイリン・スプリント】

 

 

全出場予定選手リスト(PDF/日本学生自転車競技連盟)

大会スケジュール(PDF/日本学生自転車競技連盟)

 

 

 

前回大会の様子

 

 

 

2020年はコロナのため中止となった今大会。

今年は2年振りに無事に開催される見込みとなりました。

長野県からは、怪我から復帰の阿部選手

デビュー戦となる李選手。そして、

競輪界からパリ五輪を狙う菊池選手が出場します。

残念ながら無観客での開催となりますが

Live配信があるかと思います。

是非ご覧いただき、長野県選手に

温かいご声援をお願い申し上げます。

 

関連LINK(English)

2021 JICF International Track Cup 7th Edition HP(EG)

JICF HP

JCF

Nagano cycling federation (JP)

Matsumoto City Tourism(EG,CH,KO)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京2020 オリンピック マスコット ぬいぐるみ【公式グッズ L ミライトワ】
価格:4180円(税込、送料別) (2021/7/1時点)

楽天で購入