〔速報〕寛仁親王記念ワールドグランプリ「JICF International Track Cup 2019」大会初日の結果。

《速報!》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日) 《サイトよりお知らせ》「コロナに関する各イベントの対応状況」を7月開催の大会までに拡大しております。詳しくはこちら(3月20日)(3月26日) 《ニュース》2020年ツアーオブジャパンはコロナウイルス感染拡大防止のため中止に…(3月25日) 

〔速報〕「International Track Cup 2019」大会初日の結果

 

 本日7月13日(土)開幕した「JICF International Track Cup 2019」は六カ国からの精鋭を松本市美鈴湖自転車競技場に集め二日間の日程で激戦を繰り広げる。大会初日の今日は、注目の女子混合種目オムニアムの他4種目で今年の国際杯の王者が決まった。初日の表彰対象者と信州勢の結果は以下の通り…

 

 

大会初日リザルト Day 1 Results

 

 

Day 1 Official result(PDF:JICF)

 

男子スプリント予選 Men Elite SPRINT – QUALIFICATION – 200 M FTT

1位 OBARA Yuta (JPCA)      9.843
2位 LAW Tsz Chun(Hong Kong, China) 9.992
3位    TAKAHASHI Shinya  (JPCA)         10.075
24位 阿部 祐介 (信州大学)        10.931 ※予選敗退

 

男子スプリント最終順位 Men Elite SPRINT RESULT

1位 OBARA Yuta (JPCA)
2位 TAKAHASHI Shinya  (JPCA)
3位 ANBAI Taisei  (Waseda University)

 

 

 


 

女子スプリント最終順位 Women Elite SPRINT RESULT

1位 LI Yin Yin (Hong Kong, China )
2位 MATSUMOTO Shino  (Nippon Sport Science University)
3位 KIM Huiju (Korea Business Cycling Federation)

 

 

 


 

男子マディソンMen Elite MADISON FINAL

1位 HASHIMOTO Eiya (Japan National team)
            WATANABE Keita       (Meiji University)
2位 LEUNG Chun Wing (Hong Kong, China)
   LEUNG Ka Yu   (Hong Kong, China)
3位 CHEUNG King Lok (HKSI Pro Cycling Team)
           MOW Ching Yin        (HKSI Pro Cycling Team)

 

 

 


 

女子オムニアム Women Elite OMNIUM – FINAL RESULT

1位 KAJIHARA Yumi (Japan National Team)
2位    HASHIMOTO Yuya  (NIFS Kanoya)
3位    HAUNG Ting Ying     (Chinese Taipei Cycling Team)

 

 

 

 

大会初日ハイライト Day 1 Highlight

 

美鈴湖に初登場のマカオ代表チームが試合前の試走を行う。

 

スプリント予選の200mタイムトライアルを走る阿部祐介(信州大)

 

女子スプリントで香港チームを追う鹿屋体育大

 

女子オムニアムはスクラッチから開始された。

 

男子マディソン予選で見事な連携を見せるブリヂストンチーム。

 

出走者も多く盛り上がった女子オムニアム・エリミネーション

 

オムニアム・アジア女王の梶原悠未(日本代表)は圧巻のレース運びを見せる。

 

ケイリン予選に出走した兼平優希(信州大)は明日の敗者復活戦へ

 

全日本学生オムニアム女王となった橋本優弥(鹿体大)

 

日本でも人気のあるHuang Ting Ying 選手(チャイニーズタイペイ)

 

Day 2 Internet Live streaming

 

 

  Live streaming Information

 ◇DAY 2

  7月14日(日) AM 9:00より

 詳しく案内と視聴はこちらから。(SPORTS BULL公式HPより)

 

 

 

 

明日はいよいよ大会二日目です。

初日は女子日本代表が存在感を見せ

香港女子が中長距離で

韓国女子が短距離で強さをみせてくれました。

明日も男女多くの種目で決勝が行われます。

早朝から夕方まで各種レースがありますので

是非会場で選手達に温かいご声援を

お願い申し上げます。

また明日はお昼過ぎに貴賓の方々がいらっしゃいます。

それに伴いセキュリテイが厳しくなりますので

ご来場はお早めに…

 

 

関連LINK(English)

2019 JICF International Track Cup 公式

日本学生自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟 

SPORTS BULL