〔レポート〕重要文化財の内子座で開催!「第25回シクロクロス全日本選手権前夜祭」。

〔お知らせ〕北信越大会4日目の結果ならびに大会の総集編は暫くお待ちください(6月21日) 〔結果〕「第54回北信越高校体育大会自転車競大会3日目」◇男子チームスプリント準優勝:松本工業高 ◇女子2㎞個人追抜き9位:平山なつみ(松本工) ◇男子スプリント3位:片田啓太(松本工) ◇男子ポイントレース4位:上里翔瑛(松本工) ◇男子ケイリン4位:小松篤史(松本工)5位:山田愛太(白馬高) (6月18日)  《速報》「第54回北信越高校体育大会自転車競大会2日目」◇男子団体追い抜き準優勝:松本工業高校 ◇男子1㎞TT優勝:小松篤史(松本工) ◇男子スクラッチ優勝:上里翔瑛(松本工) ◇4㎞速度競争準優勝:酒井優太郎(松本工) ◇3㎞個人追抜き準優勝:山口多聞(松本工) ◇男子ケイリン‐決勝進出 小松篤史(松本工)山田愛太(白馬高) (6月17日) 〔募集開始〕中学生も参加可能な実業団主催「第1回JBCFトラック記録会松本大会」のエントリーが開始されました。(6月6日)

〔レポート〕重要文化財の内子座で開催!「第25回シクロクロス全日本選手権前夜祭」

 

 本日12月7日(土)より愛媛県内子町で開幕した冬自転車の日本一を決める「第25回シクロクロス全日本選手権」。大会初日の今日は公開競技のシングルスピードで牧野崇(COGS NAGANO)が優勝。60歳以上の部で県最年長選手の茅野利秀(スワコレーシング)が4位入賞と長野県選手が大活躍を見せた。レース後、内子町にある重要文化財『内子座』にて明日のエリート・アンダーカテゴリー・ジュニアの本戦を前に前夜祭が行われ、長野県関係選手も舞台に登場し会場は大いに盛り上がった。

 

 

 

 

前夜祭レポート

 

前夜祭が行われたのは大正5年(1916年)創建
重要文化財の芝居小屋「内子座」

 

早くから熱心なファンが集まり、自分が行った時には
1階に座れず2階から見学することになった。

 

内子の稲本町長よりWelcom スピーチがおこなわれた。

 

出囃子が鳴り花道から唐傘で登場したのは、今回のコースを作成した
シクロクロス日本代表 三船監督

 

有力選手が“すっぽん”と呼ばれる小セリから登場する。
手を挙げて登場は沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling:長野市 )

 

小セリか飛び出て来たのは前年の日本女王
松本璃奈(TEAM SCOTT JAPAN:茅野高出)

 

有力選手が登場して会場が大いに盛り上がる。

 

各選手に明日へのインタビューが行われる。
松本選手は全日本選手権連覇と
MTBとシクロクロスの両種目での全日本Wタイトルがかかる。

 

選手は歓声に送られ内子座の花道を退場して行く
画像は一昨年の日本王者 小坂光(宇都宮ブリッツェン:佐久長聖出)

 

非常にユニークかつ,町のランドマークとなる
貴重な場所で前夜祭を開催してくれた

内子町の皆さんに心より感謝を…

 

帰りは内子の古い町並みを歩いて宿に戻りました
いよいよ明日が全日本、今年はどんなドラマが待っているか…

 

 

あの雪のマキノから一年…

朝起きて、窓を開けたら一面の銀世界!は

今年はどうもなさそうです。

今回はテクニカルかつ、平坦な舗装路が長く

シクロクロスの技術に加え

地脚の強さも問われるコース。

まさに日本一を決めるに

ふさわしい舞台だと思います。

明日、今シーズンの日本王者が決まります!

長野県の選手達に…

信州クロスの選手達に…

熱いご声援をお願い致します。

 

 

関連LINK

大会公式HP

信州シクロクロス(シクロクロスミーティング公式HP)

日本シクロクロス競技者主催協会(AJOCC)

日本自転車競技連(JCF)

内子町公式観光サイト