〔結果〕2019年8月第3週目に行われた主な大会の長野県入賞者

《速報!》新潟弥彦競輪二日目「3レースA級一般戦」上原龍(長野県/佐久長聖出)は残り1周で先頭に立つと粘りの走りで逃切って今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(7月8日) 〔結果〕立川競輪二日目「第9レースA級準決勝」菊池岳仁(岡谷南出)この日は最終第2コーナーから前走5名を追いかける展開、最終コーナーでは7番選手のブロックを凌ぐとゴール前の競り合いをモノにして鮮やかな1着。明日の決勝へ進出した。ハイライト動画(7月7日)  《速報》立川競輪初日「8レースA級特別予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。残り1周の鐘と共に積極的に前に出ると残り1周を逃切り!明日の準決勝へ進出した。ハイライト動画(7月6日) 〔結果〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)   

〔結果〕2019年8月第3週目に行われた主な大会の長野県入賞者

 

 遅ればせながら8月第3週の主な大会における県勢入賞者の紹介ですが、この週は実業団・学連・MTB等おもな大会が夏休み。唯一の大会として松本市美鈴湖で行われた「JOCジュニアオリンピックカップトラック競技」と「全日本選手権マスターズ・トラック競技」の入賞者をお知らせ致します。

 

 

2019年 全日本自転車競技選手権大会マスターズ 

 

全レース公式リザルト(PDF:大会公式)

 

男子マスターズスクラッチ決勝

1位 八幡 光哉 (FORCE)
2位 武田 秀明 (イナーメ信濃山形)
3位 小玉 篤志 (Team FunCycle)

 

今大会県勢最初の表彰台に立ったのはベテラン武田秀明(イナーメ信濃山形:画像左)

 

 


 

マスターズ女子A 2km個人追抜き

1位 小沼美由紀 (スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)
2位 羽田 希久 (スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)
3位 平林 和美 (イナーメ信濃山形)

 

今大会唯一の女子選手として3位表彰台の平林和美(イナーメ信濃山形:画像右)

 

 


 

マスターズ男子《45歳-49歳の部》3km個人追抜き

1位 岩佐 信吾 (イナーメ信濃山形
2位 新井 秀人 (ALL OUT reric)
3位 石井 雅史 (イナーメ信濃山形)

県勢で今大会初の日本王者に輝いた岩佐信吾(イナーメ信濃山形:画像中央)
全日本パラ王者の石井雅史(イナーメ信濃山形:画像右)も3位となる。

 

 

 

 


 

マスターズ男子《60歳以上の部》2km個人追抜き

1位 川岸 弘昌 (富山サイクルスポーツクラブ)※大会新記録
2位 小林 英樹 (COGS長野)※大会新記録
3位 西原 節雄 (愛知県)

 

2分43秒217の大会新記録で準優勝の長野県最年長トラック選手小林英樹(COGS:画像左)

 

 


 

マスターズ男子《50歳-54歳の部》2km個人追抜き

1位 羽田野隆彦 (ルクトスキップ:元長野県代表)
2位 吉田 勝彦 (彩北ツブラーセ)
3位 須藤  実 (栃木県)

 

元長野県代表として国体入賞経験もあるベテラン羽田野隆彦(ルクトスキップ:画像中央)が優勝

 

 

 


 

マスターズ男子《45歳-49歳の部》スプリント

1位 佐野 陽三 (北陸ドロタボウ)
2位 佐々木恒輔 (BUCYO coffee.CLT)
3位 武田 秀明 (イナーメ信濃山形)

 

スクラッチ準優勝の武田秀明(イナーメ信濃山形:画像右)が短距離種目でも3位表彰台。

 

 


 

マスターズ男子《40歳-44歳の部》1kmタイムトライアル

1位 岩男 康司 (大分県マスターズチーム)※大会新記録
2位 杉本 敦志 (SPADE ACE)
3位 柴田  航 (Akita Cycling Team)
6位 武井 秀周 (イナーメ信濃山形)

 


 

マスターズ男子《35歳-39歳の部》1kmタイムトライアル

1位 宮成 國仁 (大分県マスターズチーム)
2位 荻野 辰徳 (Fast Lane Racing)
3位 鎌田  翔 (大分県マスターズチーム)
4位 小池 岳太 (positivo:下諏訪向陽出)

 

 

JOCジュニア五輪カップ自転車競技大会

 

 

全レース公式リザルト(PDF:大会公式)

 

女子U17 2km個人パーシュート-決勝

1位 大蔵こころ(松山城南高/赤穂中出)
2位 若原梨々花 (岐阜第一高)
3位 船橋 星来(日体大桜華高)

 

嬉しい全国大会初優勝の大蔵こころ(松山城南高/赤穂中出:画像中央)

 

 


 

女子U17 ケイリン-決勝

1位 大野風貴芽(岐阜第一高)
2位 岩辺 愛理(静岡北高)
3位 年見 穂風(都城工高)
5位 大蔵こころ(松山城南高/赤穂中出)

 

中長距離を得意とする大蔵こころ(松山城南:画像右)が短距離のケイリンでも5位入賞

 

 

8月3週目の結果でした。

長野県が誇るマスターズ選手達の

活躍が際立った週となりました。

また、高校生の大蔵選手が

自身初の全国大会優勝を果たしました。

いよいよ今週末は美鈴湖で

大学生にとっての夏の甲子園ともいえる

インカレトラックが開催されます。

引き続き県勢の活躍に

温かいご声援のほど宜しくお願い致します。

 

 

 

関連LINK

大会公式HP(JCF)

日本自転車競技連盟

サイクルカフェピラータ

長野県自転車競技連盟