〔レポート〕信州イチの自転車イベント「Rapha Super Cross NOBEYAMA 2019」《中編》

《速報!》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日)

〔レポート〕信州イチ!の自転車イベント「Rapha Super Cross NOBEYAMA 2019」《中編》

 

 信州に自転車関連イベントは数々あれど、名実共にこの大会ほど熱狂的に盛り上がるイベントは他に無し…。今年も全国から熱狂的な自転車ファンを迎え「Rapha Super Cross NOBEYAMA」が11月23日(土)南牧村野辺山の滝沢牧場で行われた。今年は大会2日目が誰もが参加できる「野辺山グラベルチャレンジ」と云う新しいオフロードイベントを催したため、シクロクロスの大会自体は全1日の日程で行われた。大会はアジア最高峰の「UCI-1クラス」・「国内リーグ戦のJCX公式戦」・「信州クロス」の三つの大会の共催となり、出場選手もエリート選手から未就学児、60歳以上のシニア選手も出走。今年も応援の大声援とカウベルの音がの野辺山に鳴り響いた。午前からお昼過ぎまでの大会のレポートは以下の通り…

 

 

 

 

レポート《中編》

 

 

CL2+CL3(女子2部+3部)レースが終わるとC3(男子3部)の選手がラインナップを開始。

 

今年は長野県代表として活躍した田中裕一郎(松本工)が位置につく。

 

C3クラスのスタートを見送ると
ちょうどモーニングティータイムとなり会場は
ひとまずのんびりとした時間となる。

 

フードエリアには既に多くの観客が選手の走りを見守る。

 

モーニングティータイムに大人気だった「まちこさんの手作りドーナッツ」
お昼前にはアッという間に完売、滝沢牧場のオリジナルプリンはお土産に大人気。

 

今年の地元「南牧村商工会ブース」は炭火ステーキとライスバーガー(朝食メニュー)が人気

 

今年も大阪市MARCAと久我山Moutain River Breweryの2店の地ビール工房が
オリジナルビールで大会を盛り上げる。

 

そのフードエリアへの階段を駆け上がる宮坂毅(Team568:松本市)

 

滑りやすいフードエリアでバランスを崩す間藤清仁(NCC CEREZO:栃木)

 

激しい落車でジャージがボロボロになりながらも
ゴールを目指す藤井芳範(Milepost BMC Racing:長野県登録)

 

C3クラス(3部)は若手選手が表彰台を独占した。
〔画像左より:宇賀隆貴(SHIDO-WORKS)永野昇海(イナーメ信濃山形:神奈川)長島慧明(FM730CX)〕

 

 

スタートエリアではマスターズの選手達がラインナップ中。

 

招集時に久保UCI国際コミッセールの指示を聞く横島秀宜(COGS長野)

 

昨年の65歳以上の全日本チャンピョンで信州クロス最年長選手の
茅野利秀(スワコレーシング)が集団の先頭を走る。

 

ブッシュエリアを軽快にこなす金子直樹(legarsi igname:長野県)

 

信州クロス60歳以上の部で活躍する工藤耕司(イナーメCX:長野県)は
落車に見舞われ左半身が泥まみれにながらも力強い走りでゴールを目指す。

 

多くの選手がフライオーバーを乗車したまま登って行く。

 

ピット付近を通過して行く吉田基宏(松本エキノコックス)

 

ライバル選手とサイドバイサイドの力走を続ける横島秀宜(COGS長野)

 

CM3(壮年3部)で金子直樹(legarsi igname)が見事3位表彰台。
県勢のマスターズ選手で唯一今大会の表彰台にあがる。

 

11:30からはC2クラス(男子2部)がスタート。
スタートを前に背伸びをする高橋翔(#:信州大院)

 

スタート同時に砂煙を上げながら第1コーナーへ殺到するC2の選手達。

 

オープニングから昨年の上山田ラウンドで表彰台を分け合った
高橋翔(#:信州大院)と岡田紀彦(アルゼンチンペソしかないよ)が激しく競り合う

 

早朝の試走で変速機を壊してしまい借りたバイクで出走したのは
今年の中部八県対抗戦の長野県代表 渡邊鈴(イナーメ信濃山形)

 

テクニカルな雑木林エリアを力走する笠原 宏紀(ROND CX TEAM:駒ケ根市)

 

フライオーバーを慎重にこなして行く寺尾俊(信州大)

 

機材トラブルにより自転車を担いで走る上田美光(ROND CX TEAM/テープジャパン:駒ケ根市)

 

2部レースが終わると未就学児の部の選手達がスタートにつく。

 

スタートを前にどの選手にも期待と緊張が高まる。

 

いっせいにスタートを切るキンダーガーテン(未就学児)の選手達。

 

所謂「ランバイク」での出場選手も多いこの大会。

 

 

 

未就学児のレースが終わるといよいよエリートカテゴリーの選手達のレースとなる。
お昼を前に会場は、ますます多くのファンでにぎわった。

 

と、云う訳で《中編》も終了です。

今回はメディアで入ってずっと写真を

撮影していたので撮影枚数が1000枚を

軽く超えて、撮影した写真を見るだけでも

物凄い時間が…、かなり端折ってお伝えを

していて申し訳ありません。

後編は、いよいよUCIレースをお伝えします。

これも出来るだけ早くやりますので

お楽しみに…

 

 

 

関連LINK

スーパークロス野辺山(公式HP)

滝沢牧場(会場)

信州シクロクロス(シクロクロスミーティング公式HP)

日本シクロクロス競技者主催協会(AJOCC)