〔レポート〕被災後二か月、信州クロス上山田ラウンド会場「萬葉の里スポーツエリア」のいま。

《速報!》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日)

〔レポート〕被災後二か月、信州クロス上山田ラウンド会場「萬葉の里スポーツエリア」のいま。

 

 

 今年は台風19号の影響で通常より2週間早いシーズンオフを迎えている長野県自転車界。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?ライセンスの更新はしましたか?

本日20日18時が年内更新最終日となります。

 

 

さて、遡ること二日前ですかね?

たまたま千曲市へ行く用事があったので

先般の台風19号で大被害を受け、中止となった

信州シクロクロス上山田ラウンドの会場である

千曲市「萬葉の里スポーツエリア」に寄ってきました。

その後、かの地がどうなっているのか?

来年以降も開催が可能なのかどうか?

見て来たままをレポートしたいと思います。

 

 

 

 

 

災害2か月後の被災地レポート

 

 

 

被災直後は「スポーツ公園入口付近」も泥が侵入してしまい車では近づけなかったものの
現在は入口付近まで車で行くことが出来る。

 

スポーツエリア内は危険の為に「完全立ち入り禁止」であると共に
復旧工事時期未定の文字が千曲市によって書き加えられていた。

 

中をのぞいて見ても被災時と殆ど変わらない状況。
野球グランドやマレットゴルフ場、道路も復旧の見通しが立たない。

 

千曲市はこの河川敷エリアだけが被災した訳では無く様々な場所が被災した。
残念ながら居住地域などの復興無くして、このエリアの復旧にまでは手が回らない。

 

 

 

「復旧への道」現在の状況

 

現在までの状況

 ご覧の通り「萬葉の里スポーツエリア」の復旧は2か月を経ても

まだ殆ど手付かず状況です。その理由として、千曲市の被災は

この河川敷・スポーツ公園よりも、河川敷の砂地を利用した農耕地や

居住エリアの被害のほうが甚大で、状況を鑑みればどうしても

そちらのほうが優先順位が高い状況にあります。こればかりは

人道的にも当然のことで、こうした状況も致し方ないと考えます。

 

 

 

萬葉スポーツエリアの被害がもたらしたもの…

 自転車界への被害は、周知の通り

信州クロス上山田ラウンドが中止となったことですが

全体から見ると、野球グラウンドを使用していた

少年野球チーム、マレットゴルフ場を使っていた多くの

シニア世代の方々、さらに陸上競技場や芝生の

グランドでもあったために、多くのスポーツチームに

影響をもたらしました。そうした直接的な

「社会・健康福祉」や「青少年健全育成」への被害に加えて

さらに、二次的な被害として

近年は県外からのスポーツ合宿も幅広く受け入れており

地元の温泉街にとっての「経済的な機会損失」

増えて行く見通しだそうです。

〔参照:観光経済新聞11月25日より〕

 

温泉街には殆ど災害における被害は無かったものの
今後のスポーツ合宿のキャンセル等による損失が不安視される。

 

 

 

復旧へ長野県野球界が動く

 そんな中で、長野県の野球界が声をあげました。

昨年の上山田ラウンドの際に、グラウンドで野球をやっていた少年たちを

多くの方がご覧になったかと思いますが、あの少年達こそ

今回の災害で練習場を完全に失ってしまった最大の被害者です。

そんな彼らを救うべく、県の少年野球競技会が

団体の垣根を越えて復興を呼びかけました。

※一口に少年野球と言っても、団体が乱立しており
 中体連もあれば、リトル・シニア、スポ少、ボーイズ、ポニーと
 自転車以上に多くの連盟が複雑に連なっている。
 

 

 

萬葉スポーツエリアの被災と少年野球チームの現状を伝える記事。
今回の災害で東北信の20を超える少年野球チームが被害を受けた。
野球は日本の人口減少の3倍のスピードで競技人口が減っている状況を考えれば
長野県野球業界としても非常に大きな問題に直面することとなった。
(スポーツニッポン長野版11月29日版より)
※クリックすると大きくなります

 

 

千曲市が今後の「河川公園復興」の見通しを発表…

 なかなか河川公園への情報が無いなか

12月4日に千曲市は以下のような発表を行いました。

 

 

今後の見通し

 台風19号により被災した以下の河川敷内の都市公園(6公園)については、被害が大きく復旧費用が莫大であるため、国の補助を受けて災害復旧事業をおこなっていきます。 

 河川敷内の都市公園における災害査定は令和2年1月中旬を予定しており、災害査定決定額が決まり次第、復旧工事の発注をおこなっていく予定です。

 しかし、河川敷内の工事は渇水期(11月~5月)での施工が原則であり、工期に限りがあることや、千曲川河川事務所による河川管理施設(低水護岸等)の復旧工事との調整が必要であるため、現段階での復旧時期の目途は立っておりません。現在は災害査定のための査定設計書を作成するため、測量等の現地調査を進めております。

 千曲市公式HPより。

 

 この発表された《河川敷6公園》の中には「萬葉スポーツエリア」との明記は

無かったのですが、河川公園の復興に関して1月中旬より調査を行い

順次、復興にとりかかることが発表されました。

 

 

 

「20年度内の復旧工事発注」と「総合運動公園構想」の検討…

 萬葉スポーツエリアの復旧については

12月10日の市議会でも議題となり、改めて市は

来年1月に実態調査を行い、2020年度内には速やかに

復旧工事の発注を行うと発表した。

さらに、議会一般質問において

このエリアは、たびたび浸水被害にもあうことから

戸倉体育館から白鳥園までの河川総合運動公園の検討も挙げられた。

〔参照:新建新聞東北信版11月10日より〕

 

サイクリングロードの通過点でもあり、再び野球少年や早朝からマレットに
勤しむ人達を横目にサイクリングを楽しめる…
そんな何気ない日常が早く戻ってくることを期待したい。

 

 

 

 

 

 

 

今後「上山田ラウンド」をどうするか?

 

 千曲市は「来年の2020年に復旧工事を開始したい」としています。

それはつまり、来年の開催も現状では極めて厳しいことを意味します。

 

 

それを踏まえてどうするのか?

 

飯山クロスから、実際にこの状況を

信州クロスに参加されている選手の皆さんにも話して

多くの皆さんに広くご意見を求めました。

 

・代替地を探すのか?

このまま「1減」でもいいのでは無いか?

・いやいや、増やすならブームの今だ!

 

沢山のご意見を頂きました。

実際に中止になったあと、自分も東信を中心に

代替地を探したのですが非常に難しい。

※シクロを開催するにあたり充分な駐車場や水場・トイレを有しなければなりません。
 また場合によっては土手を削り、芝を痛めてしまいます。

 

全日本選手権の際に、シクロクロスミーティングの

岡本ドクターとも、長くこの話をしたのですが

来月には、AJOCCに来年の年間計画を出さなければならないそうで

現状のままでは、来年は「1減」がほぼ確定的になります。

(ただし、発表後に追加を出来ないことも無いようですが…)

 

 

ただ、今後、長きに渡って信州クロスの将来を考えるのであれば

今は焦る必要は無いかとも同時に思います。単発の打ち上げ花火を上げるよりも

長く参加者・ファンに愛される大会を育てることが

とても大切なことだと思います。その上で…

 

 

再度、皆さんにお願いします。

 

 

信州クロスを今後どうして行くべきか?

忌憚無きご意見を頂ければと思います。

 

頂いたご意見に関しては

またシーズンが終了次第にレポートを

して行きたいと思います。

 

ぜひ、毎週参加して下さる選手の皆さん

寒い中いつも観に来てくれるファンの皆さん

サポーター・チームスタッフの皆さんの手で

信州クロスの未来を作ってもらえればと思います。

 

上山田をどうするのか?は、信州クロスをどうするのか?にも繋がる問題。
これを機に、多くの方に考えてもらえれば…

 

 

 

上山田(千曲市)をふるさの納税で支援する

 

 上山田ラウンドの開催地である千曲市を

ふるさと納税で応援しませんか?

手ごろな1万円程度のものを集めてみました。

ご興味ある方はぜひ…

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】あんず狩り2入れ 【加工食品】
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/12/20時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】おいしいしょうゆ豆 7つ入り 【しょうゆ・醤油】
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/12/20時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】信州更科半生(なま)そば 【そば・蕎麦】
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/12/20時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】草木染めマフラー 【ファッション小物】
価格:10000円(税込、送料無料) (2019/12/20時点)

 

 

 

 

と、云う訳で上山田ラウンドの

レポート第2回でした。

もう台風19号のニュースもだいぶ

少なくなってきましたね…

とりあえず、それだけ緊急性が

無くなったことを喜ぶ一方で

抱えている問題に関しては

忘れてはいけないこともあると思います。

 

個人的なわがままを言えば

上山田が復旧したら、上山田でやりたい!

オルガナイザーの信大の庄田さんと

今回、協力して下さる予定だった皆さんと

やりたいと!と強く思っています。

それは、今年集まって下さった方々を見ると

きっと今までに無い新たな

信州クロスを作ってくれると

強く予感させてくれるものだったからです。

 

もしかしたら、新しい総合運動公園が出来たら

シクロクロスは締め出されてしまうかも知れません。

それでも、未来がどうであろうと

今までの開催の感謝も込めて復興を果たすまで

上山田のことを伝えて行ければと思います。

最後に、重ね重ねになりますが

信州クロスの未来について是非多くの方に

考えてもらえればと思います。

 

 

 

関連LINK

信州シクロクロス(シクロクロスミーティング公式HP)

日本シクロクロス競技者主催協会(AJOCC)

千曲市観光局(公式HP)

戸倉上山田温泉(千曲市観光局)

長野県自転車競技連盟(公式)