〔結果〕「JOCジュニアオリンピック/2019全国ユース選抜MTB大会」長野県勢の結果《高学年》

《速報!》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日) 《サイトよりお知らせ》「コロナに関する各イベントの対応状況」を7月開催の大会までに拡大しております。詳しくはこちら(3月20日)(3月26日) 《ニュース》2020年ツアーオブジャパンはコロナウイルス感染拡大防止のため中止に…(3月25日) 

「JOCジュニアオリンピック/2019全国ユース選抜MTB大会」長野県勢の結果《高学年》

 

 8月3日(土)・4日(日)に白馬村クロスカントリー競技場スノーハープで行われた「JOCジュニアオリンピックカップ/2019全国ユースセンバツMTB大会」。今年も地元長野県選手が多く出場し活躍を見せた。この大会については出場した選手の様子を中心に、表彰台に上がった長野県選手も同時にお知らせ致します。

 

 

 

 

男子小学校4年生の部

 

終始高い集中力をみせた清水琥太郎(上田市神科小)は11位でフィニッシュ。

 

最初の登坂区間を力強く走る上野真想(野沢温泉小)は12位。

 

苦しみながらもアスファルト区間をこなす三澤柊矢(伊那北小)は14位。

 

常に前を追う姿勢が印象的だった笹川勇太(白馬北小4年)は15位。

 

尾澤樹(ひたちなか市外野小:MTBクラブ安曇野)は最後まで淡々とペースを刻み16位。

 

粘りの走りでチェッカーフラッグを受けた小林常太(山ノ内東小)は17位。

 

 

 

女子小学校4年生の部

 

気温が上がり始め厳しい暑さの中を力走する吉川和花(白馬南小)は8位入賞

 

終始楽しそうに走る姿が印象的だった上野すみれ(野沢温泉小)は10位でフィニッシュ。

 

暑さに負けず最後の登りに挑む望月清世(松川村立松川小:MTBクラブ安曇野)は11位でゴール。

 

 

男子小学校5年生の部

 

スタートから軽快に坂を上る萩原叶有(白馬北小)は10位でゴール。

 

昨年に比べて登坂でも徐々に力強さを見せ始めた山田縁美(白馬北小)が16位でフィニッシュ。

 

登坂で苦しみながらも終始力走をみせた堀金陽(松本市清水小)は17位

 

ゴールに向かい力を振り絞る小林洋平(信大教育学部附長野小)が19位でゴール。

 

給水地点でボトルを取りに行く田中優(長野市城山小)は20位。

 

表情を変えず終始淡々と走る姿が印象的だった青柳希音(穂高南小:MTBクラブ安曇野)は21位。

 

急な上り坂をダンシングでこなす中小路丈太郎(西箕輪小)は22位でゴール。

 

アスファルト区間を終えダート登り区間に入る白石稜(佐久市平根小)は23位でゴール。

 

 

 

男子小学校6年生の部

 

「小6男子の部」唯一の出場となった笠原結人(長野市朝陽小:MTBクラブ安曇野)は16位。

 

 

 

女子小学校6年生の部

 

「小6女子」唯一の県勢出走者となった原つばさ(白馬南小)は3位表彰台にあがった。

 

小6女子表彰式
〔左から:石川 七海(八千代市みどりが丘小)、西原 夕華( 島本町立第一小)、原つばさ(白馬南小)〕

 

 

 

男子ユース U15

 

今年中学に上がって1年目の山田愛太(白馬中/ProRide)は
オフシーズンにロードバイク等のトレーニングを取り入れ
終始積極的に
先輩達の背中を追い6位入賞を果たした。

 

櫻井英希(阿智中)は後方から粘り強い走りで前を追い15位。

 

 

 

女子ユース U15

 

原あさひ(白馬中)は淡々とラップを刻み6位入賞。

 

吉川陽菜(白馬中)は最後の最後まで諦めずゴールを目指し7位入賞。

 

 

男子ユース U18

 

次代の長野県高校MTB界を担う北林仁(白馬高/Proride)は7位入賞を果たした。

 

 

 

今まで扱わなかったジュニア五輪

今回どう扱うか少し迷いましたが

高校生や大学生・実業団と同様に

県勢の結果として同等に扱うことにしました。

一つ違うことは、全体のリザルトを

書かなかったこと。

 

正直、この世代は成長の早い子供が勝ちます。

それ故に、この世代の子供達には順位や

他人との競争も大切ですが、それ以上に

自分の残したリザルトと

向き合ってもらいたいと思います。

来年、これより良い成績を残したい!

そう思ってもらえれば最良です。

 

そして、何よりも一番大切なことは

自転車を好きであり続けて欲しいということ。

その為に必要な0番目のファクターとして

親御さんには、お子さんに

楽しく自転車に乗せてあげて

欲しいと切に願います。

 

特に中学年の生徒は来る長野国体の時に

ちょうど長野県代表となる世代です。

この中の何人かが、長野国体で走っている…

そんな日が来ることを楽しみに

サイクリング長野もまた子供達の

成長を応援して行きたいと思います

 

 

関連LINK

大会公式HP

白馬クロスカントリー競技場

白馬マウンテンバイククラブ

MTBクラブ安曇野

マウンテンバイクリーグ

長野県自転車競技連盟