信州ロードレースシーズン開幕!学連RCS開幕戦・菜の花飯山サイクルロードレースプレビュー

《速報!》新潟弥彦競輪二日目「3レースA級一般戦」上原龍(長野県/佐久長聖出)は残り1周で先頭に立つと粘りの走りで逃切って今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(7月8日) 〔結果〕立川競輪二日目「第9レースA級準決勝」菊池岳仁(岡谷南出)この日は最終第2コーナーから前走5名を追いかける展開、最終コーナーでは7番選手のブロックを凌ぐとゴール前の競り合いをモノにして鮮やかな1着。明日の決勝へ進出した。ハイライト動画(7月7日)  《速報》立川競輪初日「8レースA級特別予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。残り1周の鐘と共に積極的に前に出ると残り1周を逃切り!明日の準決勝へ進出した。ハイライト動画(7月6日) 〔結果〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)   

学連RCS開幕戦・菜の花飯山ロード2018特集

 いよいよ4月21日(土)より2日間、信州自転車界に春を告げる恒例の大学ロードレースシリーズ(RCS)開幕戦と一般サイクリスト向けの菜の花飯山ロード〔共催〕が行われる。例年この大会は初日が大学・一般共にヒルクライム、二日目がクリテリウム(一般参加はタイムトライアル大会)となるが、今年は残雪の影響でヒルクライムがキャンセルとなり二日とも長峰スポーツ公園と針湖池付近で行われる。

この大会は、一般参加者やホビーサイクリストにとっては自らが参加するだけでなく大学生のトップレベルのレースを見学できることでも人気があるほか、スタンディング大会や様々なイベントも行われ毎年多くの信州自転車ファンが訪れる。

お近くの方は是非、長野県勢の応援に会場へお越しください。

2018年RCS開幕戦 Day1 の長野県勢スタートリスト

 

クラス3A+女子 11:30~

ゼッケン 氏名 所属
136 佐藤宇志(1年)  明星大学
141  兼平優希(2年)  信州大学
159  橋本嶺登(1年)  長野大学

先月の神宮クリテリウムで惜しくも僅差で表彰台と昇格を逃した兼平が長野県開催の開幕戦で表彰台を狙う。一方、昨年まで長野県高校自転車界を牽引し今年のシクロ東京で3位表彰台を果たした橋本が長野大から、スワコレーシングの佐藤(宇)が明星大から大学デビュー戦を飾る。

 神宮クリテで僅差の4位で表彰台を逃した兼平は開幕戦で表彰台を狙う

シクロ東京3位の橋本は長野大学でデビュー戦となる


 

クラス3B 12:10~

ゼッケン 氏名 所属
175  佐藤大志(1年)  明星大学
179 中野友嗣(3年) 信州大学
180 中田雄大(1年) 信州大学
187 小出樹(1年) 京都産業大(松本工)
198 畑山駿一(高2) 上田千曲高校

注目は昨年の国体長野県代表の小出(京産大)が大学デビュー戦を迎える。松工と県代表のムードメーカーがどんな走りを見せるか?信大の中田、明星の佐藤(大)と三人のデビュー戦が楽しみ。また、上田千曲高校の畑山も高校生としてどこまで大学生に食らい付けるか?見どころが多い。

スワコレーシングから佐藤大志・宇志兄弟(明星大)がデビュー

 昨年の長野県国体少年代表の小出は京産大へ


 

クラス3C 12:50~

ゼッケン 氏名 所属
218  熊野勇介(3年)  信州大学
237  大日方将人(高3)  長野高校

神宮クリテではタイム差無しの4位で表彰台を逃した熊野。このクラスでは唯一の県勢大学生として表彰台を期待。また、高校生枠で長野高校の大日方がエントリー。大学生相手にどんな走りを見せるか期待。

神宮クリテリウムで好走した熊野


 

クラス2A 13:30~

ゼッケン 氏名 所属
56 増田遼馬(4年) 信州大学
57 西部真生(3年) 信州大学
58 小林弘幸(2年) 信州大学
72 沢田時(プロ) Team ブリヂストン

 

注目は4年生の増田!堀江と共に今年の信大を引っ張る。そして、神宮クリテのクラス3で見事に優勝を果たした小林がクラス2に昇格してどのようなレースを見せるか期待。また一般枠でチームブリヂストンサイクリングから沢田時が出場。今年から東京五輪を見据え長野へ活動拠点を移した沢田にも期待。

 

神宮クリテでは見事表彰台の真ん中に立った小林


 

クラス2B 14:15~

ゼッケン 氏名 所属
98 堀江省吾(4年) 信州大学
99 寺尾駿(3年) 信州大学
100 大森竣介(2年) 信州大学
113 竹内遼 Drawer the Racing
114 北澤竜太郎 イナーメ信濃山形

県勢が出場する最上位のカテゴリーであるクラス2には信大の3名が出場する。さらに一般枠では、MTBのU-23 強化指定選手の竹内(長野県選手登録)と昨年の国体長野県代表の北澤もエントリー。県勢の表彰台に期待がかかる。

神宮クリテでは序盤から存在感を見せた堀江

表彰台の期待がかかる寺尾

全日観戦無料! 是非会場へ!!

 一般のレース参加募集は既に締め切られているものの、大学トップクラスのレースが長野県内で見られる貴重な機会。競技者だけでなく、スポーツ自転車を楽しまれる全ての方に是非観戦して頂き、長野県勢に温かいご声援をお願い致します。

昨年盛上ったスタンディングスティル大会

 

関連記事


関連Link

菜の花飯山サイクルロードレース公式HP

日本学生自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟

信州大学自転車競技部