〔速報〕国体・インターハイ長野県予選「2019年トラック競技長野県大会」初日結果。

《速報!》新潟弥彦競輪二日目「3レースA級一般戦」上原龍(長野県/佐久長聖出)は残り1周で先頭に立つと粘りの走りで逃切って今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(7月8日) 〔結果〕立川競輪二日目「第9レースA級準決勝」菊池岳仁(岡谷南出)この日は最終第2コーナーから前走5名を追いかける展開、最終コーナーでは7番選手のブロックを凌ぐとゴール前の競り合いをモノにして鮮やかな1着。明日の決勝へ進出した。ハイライト動画(7月7日)  《速報》立川競輪初日「8レースA級特別予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。残り1周の鐘と共に積極的に前に出ると残り1周を逃切り!明日の準決勝へ進出した。ハイライト動画(7月6日) 〔結果〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)   

国体・インターハイ長野県予選「トラック競技長野県大会」初日結果。

 

 本日6月1日(土)に松本市美鈴湖自転車競技場で今年の国体・インターハイの長野県予選にあたる「2019年トラック競技長野県大会」の大会初日が行われた。昨秋の高校新人戦で活躍した山田拓海(飯田風越)はネイションズカップ日本代表招集の為に不参加ながら各年代の県内有力選手がエントリーした。主な種目の結果は以下の通り。

 

 

 

開会式

 

 

 

 

耳塚喜門(長野県自転車競技連盟会長)

挨拶をする長野県自転車競技連盟 耳塚善門会長

 

高校生3年生にとっては最後長野県大会となる。

 

国体ではU-23では無く社会人選手同様に「青年の部」にカテゴライズされる大学生選手達。

 

 

 

200mフライングタイムトライアル結果

 

少年男子

1位 青島冬弥 (飯田風越)
2位 笠井大太郎(松本工業) 
3位 田中裕一郎(松本工業)
4位 萩原隆祐 (松本工業)
5位 鈴木来人 (伊那北高)
6位 山浦秀明 (松本工業)
7位 平山大地 (松本工業)
8位 田総 蓮 (松本工業)

 

今大会最初の個人種目200mタイムトライアルは青島冬弥(飯田風越)が優勝。
〔画像は1kmタイムトライアルより〕

 

成年男子

1位 堀江省吾 (イナーメ信濃山形)
2位 阿部祐介 (信州大学) 
3位 兼平優希 (信州大学)
4位 岩佐信吾 (イナーメ信濃山形)
5位 増田遼馬 (信州大学)
6位 渡邉 鈴 (イナーメ信濃山形)
7位 等々力公英(長野県交通警備)
8位 橋本嶺登 (長野大学)

 

今年も長野県短距離のエースとして期待される堀江省吾(イナーメ信濃山形)が優勝
〔画像は個人追抜きより〕

 

 

1kmタイムトライアル結果

 

少年男子

1位 萩原隆祐 (松本工業)
2位 青島冬弥 (飯田風越) 
3位 笠井大太郎(松本工業)
4位 田中裕一郎(松本工業)
5位 鈴木来人 (伊那北高)
6位 山浦秀明 (松本工業)
7位 平山大地 (松本工業)
8位 田総 蓮 (松本工業)

 

花形種目の1kmTTで2位に0.3秒差、粘りの走りで見事な初優勝を飾った萩原隆祐(松本工業)

 

 

成年男子

1位 堀江省吾 (イナーメ信濃山形)
2位 兼平優希 (信州大学) 
3位 増田遼馬 (信州大学)
4位 阿部祐介 (信州大学)
5位 岩佐信吾 (イナーメ信濃山形)
6位 秋山智広 (信州大学)
7位 渡邉 鈴 (イナーメ信濃山形)
8位 橋本嶺登 (長野大学)

 

準優勝は今年の信州大学を牽引するキャプテン兼平優希(信州大学)

 

 

 

500mタイムトライアル結果

 

成年男子

1位 等々力公英(長野県交通警備)
2位 小林英樹 (COGS) 

 

競輪でも活躍した等々力公英(長野県交通警備)が力走を見せる。

 

女子

1位 榊山来実(飯田風越)
2位 平林和美(イナーメ信濃山形)
DNS 小松真子(松本工業)

 

得意の中長距離に加え短距離でも成長を見せる榊山来実(飯田風越)

 

 

 

個人追抜き

 

少年男子3km

1位 萩原隆祐 (松本工業)
2位 山浦秀明 (松本工業) 
3位 田中裕一郎(松本工業)
4位 青島冬弥 (飯田風越)
5位 笠井大太郎(松本工業)
6位 鈴木来人 (伊那北高)
7位 平山大地 (松本工業)
8位 田総 蓮 (松本工業)

 

準優勝の山浦秀明(松本工業)を含めマツコウがワンツースリーフィニッシュをみせた。

 

成年男子4km

1位 堀江省吾 (イナーメ信濃山形)
2位 渡邉 鈴 (イナーメ信濃山形) 
3位 岩佐信吾 (イナーメ信濃山形)
4位 増田遼馬 (信州大学)
5位 兼平優希 (信州大学)
6位 橋本嶺登 (長野大学)
7位 阿部祐介 (信州大学)
8位 秋山智広 (信州大学)

 

苦しみながらも力走を見せ準優勝の渡邉鈴(イナーメ信濃山形)

 

 

壮年(マスターズ)男子2km

1位 小林英樹(COGS)

 

今大会も最年長選手として力強い走りを見せる小林英樹(COGS)

 

女子2km

1位 榊山来実(飯田風越)
2位 平林和美(イナーメ信濃山形)

500mに続き2kmタイムトライアルでも力走の平林和美(イナーメ信濃山形)

 

 

 

ケイリン少年男子1回戦

 

第一組

1位 笠井大太郎(松本工業)※決勝戦進出
2位 山浦秀明 (松本工業)※決勝戦進出 
3位 平山大地 (松本工業)※決勝戦進出
4位 寺島桜汰 (長野南高)
5位 宮坂 元 (松本工業)

 

2019トラック長野県大会ケイリン1組

笠井・山浦・平山とマツコウのスプリンター勢が翌日の決勝に駒を進めた。

 

第二組

1位 田中裕一郎(松本工業)※決勝戦進出
2位 柴田晃宏 (飯田風越)※決勝戦進出 
3位 田総 蓮 (松本工業)※決勝戦進出
4位 萩原隆祐 (松本工業)
5位 金田隼輔 (伊那北高)

 

スプリンターを揃えるマツコウ勢に割って入った柴田晃宏(飯田風越)が決勝進出。

 

 

 

4km速度競争 少年男子

 

1位 青島冬弥 (飯田風越
2位 鈴木来人 (伊那北高) 
3位 山浦秀明 (松本工業)
4位 笠井大太郎(松本工業)
5位 田中裕一郎(松本工業)
DNF 金田隼輔 (伊那北高)
DNF 宮坂 元 (松本工業)
DNF 田総 蓮 (松本工業)
DNF 萩原隆祐 (松本工業)

 

序盤から鈴木来人(伊那北)が先頭責任を早々完了すると青島冬弥は中盤で逆転して優勝を果たした。

 

 

 

以上が大会初日の速報です。

公式発表は後日、長野県車連より

発表されますので

改めましてご案内致します。

明日は大会二日目の模様を

お知らせ致します。

県サイクリストの皆さま

ぜひ美鈴湖へ足をお運びのうえ

選手に温かいご声援をお願い

申し上げます。

 

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

全国高体連自転車専門部

長野県高体連