〔告知〕自転車を創る者達の熱き戦い!「Japan Bike Technique 2019」信州高山村で今週末開催!

〔お知らせ〕本日9月27日の美鈴湖自転車学校は予定通り開催致します。参加者の皆様はお気をつけて会場へお越しください。(9月27日) 〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日) 〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 〔結果〕西武園競輪二日目「第5レースA級特別一般」荒井春樹(長野県)は、最終の鐘と同時に先頭に出るとそのまま独走で快勝!ハイライト動画(9月21日)〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 〔結果〕大垣競輪二日目「第9レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)は最終回を告げる鐘と共に切れ味鋭く前へ出るとそのまま約1周を逃切り快勝!今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(9月18日) 《新型コロナ情報》長野県は直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は0.29人とレベル2の基準(0.4 人)を下回っていることなどから、県内全域の感染警戒レベルを2から1に引き下げました。引き続きサイクリングの際は感染対策をお願い致します。詳しくはこちら(9月17日) 〔お知らせ〕今週末行われるJOCジュニアオリンピックのテクニカルガイドの改訂版が発行されています。選手・関係者はご確認下さい。詳しくはこちら(9月16日) 〔結果〕小田原競輪初日「第3レースA級予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。この日も得意の「逃げ」を見せると後続を寄せ付けず快勝!準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月15日)   《お知らせ》先週行われた全日本学生個人ロードレース大会のリザルトが一部変更になっております。詳しくは こちら(9月10日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

Japan Bike Technique 今週末に高山村で開催!

 

  自転車づくりの腕を争うレース「Japan Bike Technique 2019」が今週末の15日(土)・16日(日)と高山村で開催される。このレースは国内の自転車メーカー・ハンドメイド自転車制作者(専門学生)・販売店がチームを作り、造形美や課される課題をこなしながら競い合う日本の自転車製作の今を見ることの出来る大会。詳しくは下記の通り…

 

 

大会概要

 

Japan Bike Technique 2019

主 催:ジャパンバイクテクニーク実行委員会

開催日:6月15日(土)・16日(日)

開催地:高山村「You游ランド」起点
    周回75kmコース。途中16kmのダート林道を含む。

日 程:大会初日 - 自転車のプレゼンテーション&審査
    大会二日目- 走行審査(課題・加点方式)

 

開催精神

このイベントは一般的な自転車レースとはことなり、自転車づくりの腕を競うものです。プロフェッショナルとして自転車製作販売に携わる者が自分でエントリー車両を製作して参加します。自転車の製造販売に携わる者に切磋琢磨する場を提供し、自転車に関わる技術の発展を促進させることを目指しています。

詳しくは大会公式HPを参照

 

 

 

出場チーム

 

 出場チーム並びに、大会初日に行われる「プレゼンテーション」の出場時間をお知らせ致します。プレゼンテーション審査会場は長野県高山村You游ランド屋外ステージで の開催となりますが、雨天の場合は室内で行います。

 

 出場予定チーム(プレゼン登場時間)

 6月15日(土)

 13:00   MONTSON (山根製輪所)

 13:15   YANAGI   (柳サイクル)

 13:30   NAGARA  (NAGARA 自作自転車秘密研究所)

 13:45   GRAND BOIS (CYCLES GRAND BOIS )

 14:00   オオマエジムショ (CYCLE TOURING オオマエジムショ)

 14:15   TEAM TOEI (東叡社)

 14:30   テンションシルク (絹自転車製作所)

  14:45   ベロクラフト (自転車専門店ベロクラフト)

 15:00   E’quipe c speed 鉄中年林走会Keihin Pista (C Speed)

 15:15   ひろちゃんず (東京サイクルデザイン専門学校)

 15:30   SHIBU  (東京サイクルデザイン専門学校)

 15:45   タカギサイクルワークス (東京サイクルデザイン専門学校)

 16:00   EMERALD BIKES (ハンドメイドバイク工房 EMERALD BIKES)

 16:15   TCD  (東京サイクルデザイン専門学校)

 16:30   CHERUBIM  (有限会社 今野製作所)

 16:45   Panasonic Bike (パナソニックサイクルテック)

 17:00   サイクルスポーツ (八重洲出版サイクルスポーツ編集部)

 

出場チームについて

参加資格は自らフレーム製作を行う「ワークス」(メーカー)と、フレームを外部製作しアッセンブルによる「コンストラクター」(ショップ)、副業または趣味として自転車を製作する「プライベーター」(ユーザー)によります。ただしこれによってのカテゴリー分けはありません。なお「プライベーター」での参加には事前審査があります。

このコンテストへのエントリーはチーム単位とします。チームの構成人数は1名以上であれば何人でも可とします。1社が複数のチームをエントリーさせることが可能です。ただしチームマネージャーとなるもの1名がチーム毎に必要です。各チームマネージャーが出場を申請する必要があります。(大会公式HPより)

 

地元「信濃毎日新聞」でも大きく取り上げられた。

 

 

 

アクセス

 

信州高山村 You游ランド
〒382-0821
長野県上高井郡高山村高井牧73
電話 026-242-2210

 

初日のプレゼンテーションと、大会二日目のスタート・ゴール地点となる。

 

大会二日目 走行コース
スタート午前4時

 

 

 

国内でも非常に珍しい

独自制作車による自転車イベント

造形美や自転車としての走行性能等も

競争の対象となる。日本を代表する

フレーム制作会社を始め、自転車を

こよなく愛する人々が高山村へ集結する。

ぜひ多くの方に日本自転車の

技術の高さを見に大会を訪れてほしい…

また、今回の運営・審判員にはこのサイトに

ゆかりのある方々が多く参加します。

事故無く素晴らしい大会が行われることを

お祈り致しております。

 

 

関連LINK

Japan Bike Technique 2019

信州高山村 You游ランド