〔告知〕「全日本学生トラックレースシリーズ 第3戦松本ラウンド」7月15日(祝)開催。

《ニュース》信州シクロクロス開幕戦「白樺湖ラウンド」のエントリーリストが公開されました。詳しくは こちら(9月29日) 〔結果〕取手競輪初日「第1レースA級予選」等々力久就(長野県/岡谷工出)は残り1周で先頭に出ると、そのまま最終回を逃切り初日快勝!準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月29日) 〔結果〕松戸競輪最終日「第6レースA級特別選抜」小峰烈(長野県/松本工出)が登場。今シリーズなかなか勝ち星に恵まれず迎えた最終日、最終回を告げる鐘の音と共に後方から一気に4名を抜き去り先頭に立つと豪快に1周を逃切り快勝!最終日を勝利で飾った。ハイライト動画(9月27日)  〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日) 〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 〔結果〕西武園競輪二日目「第5レースA級特別一般」荒井春樹(長野県)は、最終の鐘と同時に先頭に出るとそのまま独走で快勝!ハイライト動画(9月21日)〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

「全日本学生トラックレースシリーズ 第3戦松本ラウンド」7月15日開催。

 

  今週末の信州は松本市美鈴湖自転車競技場でのトラックシリーズ。13日・14日の両日は「JICF INTERNATIONAL TRACK CUP 2019」、15日(祝)には「全日本トラックレースシリーズ第3戦松本ラウンド」が開催される。この大会は大学連盟トラック競技の年間シリーズ戦で、今大会が第3戦。今年のインカレ本戦への実質的な予選会ともなる。この大会で各種目でのA標準記録を突破することがインカレへの重要な出場条件となり、まだこの基準を満たしていない選手にとっては非常に重要な大会となる

 

 

大会概要

 

2019年度 全日本学生トラックレースシリーズ 第3戦松本7月ラウンド

主 催:日本学生自転車競技連盟

期 日:2019年7月15日(祝)9時競技開始

会 場:松本市美鈴湖自転車競技場

種 目
    男子:ポイントレース,ケイリン,200mFTT,1kmTT,4kmIP, 4kmTP,TSP
      女子:ポイントレース,200mFTT,500mTT,3kmIP,4kmTP, TSP

詳しい概要はこちらをご覧ください(PDF:学連公式HPより)

※参加者約 160 名と多いため、14 日から大会を行う。

 

インターナショナルトラックカップとトラックシリーズ第3戦が
今週末「美鈴湖自転車競技場」で行われる。

 

 

 

県関連出場予定選手

全出場予定選手リスト(PDF:学連公式HPより)

 

橋本嶺登(長野大学2年)
トラック以外にもMTB・シクロクロス・ロード全ての競技で全日本選手権に出場する
長野県が誇るこの年代のマルチサイクリスト
今年はロード・トラックでのインカレ出場も期待される。
2019年長野県代表候補選手

 


 

 

小出樹(京都産業大2年/松本工出)
長野県中長距離のエースとして昨年の国体・都道府県大会で入賞。
今年は全日本学生ロード3位、ツールド熊野・五輪テスト大会でも大学選抜に選ばれる。
2019年長野県代表候補選手

 


 

 

寺尾駿(信州大学4年)
昨年もインカレ本戦(ロード・トラック)に出場し今年も二年連続の出場を目指す
主に中長距離を得意としており、4年生として最後のシーズンに期待がかかる。

 


 

 

西部真生(信州大学4年)
昨年はロードでインカレに出場、今年はトラックでの出場も期待される。
寺尾選手同様に4年生として走りで信大を引っぱる。

 


 

 

兼平優希(信州大学3年)

今年度信州大学の主将としてチームを牽引する。
昨年以降トラックに専念、今年のインカレ出場を目指す。
短距離を得意とし、春先から着実に記録を伸ばしている。
2019年長野県代表候補選手

 


 

 

阿部祐介(信州大学2年)
昨年の国体「三重県代表選手」、恵まれた体格を活かした豪快な走りが魅力。
短距離を得意とし、明るいキャラクターは信大のムードメーカー。

 

 


 

 

秋山智広(信州大学2年生)
大学2シーズン目を迎える期待の若手選手。春先のシーズンでは先輩の後を
必死に追いかける姿が非常に印象的だった。その直向な姿に大きな将来性を感じる選手。
2019年長野県代表候補選手

 

 

来月、地元美鈴湖で行われる

インカレ出場をかけて

信州の大学生達が出走します!

会場で多くの皆さんのご声援を

お願い致します。

突っ走れ!勝利の為に!!

がんばれ!信州サイクリスト!!

 

 

 

関連LINK

大会詳細HP(学連公式HPより)

日本学生競技連盟

長野県自転車競技連盟