〔告知〕上半期最終「2019 第3回美鈴湖自転車学校」ロード・トラック参加者追加募集。

《速報!》新潟弥彦競輪二日目「3レースA級一般戦」上原龍(長野県/佐久長聖出)は残り1周で先頭に立つと粘りの走りで逃切って今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(7月8日) 〔結果〕立川競輪二日目「第9レースA級準決勝」菊池岳仁(岡谷南出)この日は最終第2コーナーから前走5名を追いかける展開、最終コーナーでは7番選手のブロックを凌ぐとゴール前の競り合いをモノにして鮮やかな1着。明日の決勝へ進出した。ハイライト動画(7月7日)  《速報》立川競輪初日「8レースA級特別予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。残り1周の鐘と共に積極的に前に出ると残り1周を逃切り!明日の準決勝へ進出した。ハイライト動画(7月6日) 〔結果〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)   

「2019 第3回美鈴湖自転車学校」ロード・トラック参加者追加募集。

 

 県内外の多くのサイクリストの皆様からご好評いただいている長野県自転車競技連盟主催「美鈴湖自転車学校」ですが、次回の第3回はピストのみの予定を変更して、ロード基礎講習も行います。今回のピスト班は第2回参加者もしくは経験者を対象といたしますが、ロードに関しては年齢・性別・経験を問いません。2019年の上半期はこれが最後となりますので是非皆様のご参加お待ち申し上げております。

 

 

 

概要

 

2019 第3回美鈴湖自転車学校

主 催:長野県自転車競技連盟

日 時:2019年5月26日(日)午前9時より

場 所:松本市美鈴湖自転車競技場

参加費:1000円

講習内容:ロードバイク・ピストバイク基礎講習

※レンタルバイクに関してはお問合せ下さい

 

 

ロード班練習内容

 

 

 ロード班は、引き続き「JCF基礎スキル」と「集団走行練習」を行います。基本的には前回までの内容の精度を上げて行う予定です。大変ご好評を頂いてはおりますが、今年は美鈴湖で数多くの大会が行われる関係で10月頃まで自転車学校が行えません。上半期最後の予定となりますのでふるってご参加下さい。

 

 《基礎練習》

 ・サドルプッシング&スラローム
 ・直線スラローム
 ・一本橋
 ・リンボー
 ・2.25mターン
 ・8の字ターン
 ・ボトルタッチ(急制動)
 ・ボトル渡し&ボトル拾い
  他…

 

 《集団走行練習》
 ・一列棒状走行
 ・先頭交代
 ・二列集団走行練習
  他…

 

(参照元:Youtube)

 

 

ピスト班練習内容

 

 

 ピスト班に関しては、前回の第2回参加者および経験者(ピストで集団走行・先頭交代)が出来るレベルの方のみの参加となります。今回は経験者のみとなりますが経験者の皆さんの御参加お待ちしております。 

 

 ・ピスト基礎スキルのおさらい
 ・ピスト集団走行練習
 ・実戦走行練習
  等を予定…

 

なお、長野県自転車競技連盟では、今後初心者の方でも気軽にピストに乗れるようにレンタル自転車の充実や「体験会」の開催を行って行く予定です。後日また改めて御案内を致しますのでふるってご参加下さい。

 

 

(参照元:Youtube)

 

 

過去の開催の模様

 

 

 

 

 

 

講師・スタッフ紹介

 

 

     藤森信行(UCI国際コミッセール)

 選手として長野県代表・海外でも活躍。審判としても「国際コミッセール」として日本自転車界の草分け的存在。シクロクロスを日本に持ち込んだ日本シクロクロスの父。近年は「2 days  Race in 木島平」のディレクターとしてレース運営面でも活躍中だが、昨年から新たに県内の「育成」にも携わる。※UCI国際コミッセール

 

     湯原正行(長野県代表コーチ)

 選手として長野県代表として活躍。2001年には「スプリント」で日本ランキング1位となる。現在は長野県国体代表のコーチとしても活躍。近年は若手強化の他、「育成」・「人材発掘」にも力を入れる。自らの体験を基にしたロジカルな指導理論と、卓越したバイクスキルは受講者の最高のお手本となる。※日本体育協会公認コーチ

 

     金原 諒(長野県自転車競技連盟)

 選手として飯田風越高校で活躍。昨年JCF公認審判員試験に合格。今年からは長野県自転車競技連盟の現役大学生審判としても活躍中。現在、長野県最年少自転車審判員。昨年末からは各練習会に参加して育成に携わる。中高生選手の良い兄貴ぶんとして後輩からの信頼も厚い長野県自転車界期待の若手。

 

    小林秀一(前長野県自転車競技審判長)

 長年監督として「松本工業自転車競技部」を率いて、数多くの自転車選手・プロ競輪選手・審判員を育成。長野県自転車競技連盟の審判長としても県自転車界の発展に多大な功績を残した。昨年、UCI規定で審判員を定年退職したが、定年後の9月に《美鈴湖自転車学校》を立ち上げ、今年からは「普及」と「育成」の両面で陣頭指揮をとる。 ※飯山市名誉審判委員長。

 

 

競技場の関係で、秋まで一休みとなる

美鈴湖自転車学校

これが上半期最後の開催となります。

ピストに関しては、ナイター練習会も

考えておりますが、ロードに関しては

現状で10月頃まで開催の予定がありませんので

多くの皆さんの御参加をお待ちしております。

 

 

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟