〔ニュース〕「2019 アジアMTB選手権」男子ジュニアで松本一成(TEAM SCOTT/諏訪実)が優勝。

《ニュース》川崎競輪初日「第5レースA級予選」2週間ぶりにゴールデンルーキー菊池岳仁(岡谷南出/長野県)が出走。この日も先頭誘導が離れると同時に逃げを見せると後続に一度も先頭を譲らず圧勝!先ずは明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(4月4日)《お知らせ》5月4日に美鈴湖自転車競技場で開催予定だった「TRS第1戦」は中止が決定。詳しくはこちら(4月2日)  《お知らせ》4月1日より「松本市美鈴湖自転車競技場」の2020年シーズンの営業が開始致します。(3月31日)  《ニュース》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日)

「2019 アジアMTB選手権」男子Jr.で松本一成(TEAM SCOTT/諏訪実業)が優勝。

 

 7月25日(木)にレバノンで行われた2019年のマウンテンバイクアジアNo1.を決める「Asian Mountain Bike Continental Championships 」にて、松本一成(TEAM SCOTT/諏訪実業)が優勝。2019年のMTBジュニアアジアチャンピョンを戴冠した。同大会では実姉の松本璃奈(TEAM SCOTT/茅野高出)もU-23女子の部で優勝を果たし姉弟でアジアチャンピョンに輝く快挙を達成した。

 

 

男子ジュニアリザルト

 

男子ジュニア

1位 松本 一成 (日本代表:TEAM SCOTT/諏訪実業)
2位 山口 創平 (日本代表:ProRide)
3位 HONG Hang (中国代表)
4位 SIRIMONGKHON Phunsiri(タイ代表)
5位 ALIKULOV Timur(カザフスタン代表)
8位 中島  渉(日本代表:Limited team 846/KURE/TRIGON)
《全22名出走》

 

 

先日の全日本選手権で力走を見せ日本Jrチャンピョンを戴冠した松本一成(TEAM SCOTT/諏訪実業)

 

 

先週、田沢湖で行われた

全日本選手権の男子ジュニアで

日本チャンピョンを戴冠した

松本一成選手が、アジア選手権でも

優勝を果たしお姉さんの璃奈選手と共に

2019年のアジアチャンピョンとなりました。

まだジュニアカテゴリー1年目の選手ですが

長野県MTB界期待の若手選手です

 

 

 

関連LINK

TEAM SCOTT JAPAN

UCIマウンテンバイク

日本自転車競技連盟