〔告知〕春のセンバツへ!「第43回全国高校選抜自転車大会」大蔵こころ(松山城南/赤穂中)が出場決定!

《重要》全国高体連自転車専門部は、3月16日から開幕の「第43回 春の全国高等学校選抜自転車競技大会」について、中止ないし無観客での開催を視野に入れることを示唆、今後の対応が注目される。詳しくはこちら(2月27日) 《ニュース》前橋競輪最終日『最終12レースA級決勝』デビューから4場所連続の完全優勝を目指すゴールデンルーキー菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が残り半周から豪快な走りを見せ快勝!昇格後初のシリーズを完全制覇‼これでデビューからの連勝は12となった。ダイジェスト動画(10月23日) 《ニュース》西武園競輪2日目『第5レースA級チャレンジ準決勝』で地球環境高出身の宮下一歩(長野県)がおよそ1周半のロングスパートで逃切り初日に続き二連勝!最終日の決勝に臨む。ダイジェスト動画(10月23日)   《ニュース》京都向町競輪最終日 『第5レースA級特選』に 小峰烈(長野県)が登場。残り半周で5番手に付けると、前4名の選手を豪快に抜き去り1着!今年に入り7勝目を挙げた。ダイジェスト動画(2月21日)  《ニュース》昨年UCI規定により、定年のため引退した 小林秀一 前長野県自転車競技審判長が「長野県スポーツ振興功績者」として表彰されることが内定。授賞式は来月、長野県庁で行われる(2月20日) 

 

〔ニュース〕第43回全国高校選抜自転車大会に大蔵こころ(松山城南/赤穂中)が出場決定!

 

 全国高体連自転車専門部は、今年の春のセンバツ大会
第43回全国高等学校選抜自転車競技大会」の
女子出場選手を発表。北信越地域から長野l県は
選出されなかったものの

赤穂中学出身の大蔵こころ(愛媛・松山城南高1年)
「個人追抜き」「スクラッチ」「ロードレース」の三種目で選出された。

大会は2020年3月17日から3月20日まで、トラック競技が「北九州メディアドーム」
ロードレースは熊本県水上村「汗の原親水公園特設コース」で行われる。

尚、男子の出場校・出場選手については後日発表される。
第43回全国高等学校選抜自転車大会 出場女子選手(PDF:全国高体連自転車専門部)

 

 

 

大蔵こころ(松山城南高校1年)

 

 

プロフィール

大蔵 こころ (愛媛・松山城南高校1年生)

長野県赤穂市立赤穂中学出身

キッズ・ユース時代は、ボンシャンスで主にMTBで活躍。
昨年は単身、現在インターハイ三連覇中の松山城南高校へ
自転車留学を果たすと、1年目から愛媛県・四国高校女王のタイトルを獲得
インターハイロードレースでは4位入賞、JOCジュニア五輪の個人追抜きでは
自身初の全国優勝を果たした。秋以降もその快進撃は続き
秋の国体では成年選手も含めた中での5位入賞。
冬の全日本シクロU-17ではついに日本チャンピョンとなった。
留学2年目の今シーズンも活躍が期待される。

 

 

 

 大会日程

  3月16日(月)  開会式   (熊本県水上村立 水上中学)
  3月17日(火)  ロードレース(汗の原親水公園特設コース)
  3月18日~   トラック競技 (北九州メディアドーム)
  3月20日(金)  閉会式    (北九州メディアドーム)

  大会概要(PDF:全国高体連自転車専門部)

 

 

 

昨年の関連記事

 

 

 

 

高校に入り始めてとなる全国大会が全日本、並みいる強豪相手に見事な入賞を果たした。
(参照元:Youtube/シクロチャンネルCYCLOCHANNEL)

 

実業団レースの舞洲クリテリウムでも初勝利を収めた。
(参照元:Youtube/bikin!TV)

 

 

いま長野県の女子高体連選手の中で

最も期待されている大蔵選手。

シクロクロスでは念願の

日本チャンピオンとなり

益々その期待が高まる中で、

本人は決して舞い上がることなく

新たな目標に向かって淡々と

研鑽を積んでいるそうです。

今年も大蔵選手のさらなる活躍に

期待したいと思います。

 

 

 

関連LINK

全高体連自転車専門部

松山城南高校(学校HP)

赤穂市立赤穂中学校