〔告知〕日本一を決める戦い!「第9回トライアル全日本選手権」が5月2日・3日に佐久市で開催決定!!

《重要》全国高体連自転車専門部は、3月16日から開幕の「第43回 春の全国高等学校選抜自転車競技大会」について、中止ないし無観客での開催を視野に入れることを示唆、今後の対応が注目される。詳しくはこちら(2月27日) 《ニュース》前橋競輪最終日『最終12レースA級決勝』デビューから4場所連続の完全優勝を目指すゴールデンルーキー菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が残り半周から豪快な走りを見せ快勝!昇格後初のシリーズを完全制覇‼これでデビューからの連勝は12となった。ダイジェスト動画(10月23日) 《ニュース》西武園競輪2日目『第5レースA級チャレンジ準決勝』で地球環境高出身の宮下一歩(長野県)がおよそ1周半のロングスパートで逃切り初日に続き二連勝!最終日の決勝に臨む。ダイジェスト動画(10月23日)   《ニュース》京都向町競輪最終日 『第5レースA級特選』に 小峰烈(長野県)が登場。残り半周で5番手に付けると、前4名の選手を豪快に抜き去り1着!今年に入り7勝目を挙げた。ダイジェスト動画(2月21日)  《ニュース》昨年UCI規定により、定年のため引退した 小林秀一 前長野県自転車競技審判長が「長野県スポーツ振興功績者」として表彰されることが内定。授賞式は来月、長野県庁で行われる(2月20日) 

〔告知〕「第9回トライアル全日本選手権」が5月2日・3日に佐久市で開催決定。

 

 

 日本自転車競技連盟(JCF)は1月14日に、今年の主要全国大会の日程を発表した。

それによると、自転車トライアル競技の日本一を決める「第9回全日本トライアル選手権」が

今年も5月2日・3日の両日、佐久市の「佐久ミレニアムパーク」で開催される予定となった。

長野県勢としては、昨年悲願のエリート部門で日本一となった

土屋凌我(無所属:岩村田高出)が全日本タイトル連覇を目指すほか

ベンジャミン(11歳―12歳)部門で3位となった仲俣 漱韻 (無所属:茅野市)

再び全日本の舞台で表彰台を目指す。

 

 

 

 

トライアル競技って??

 

専用バイク(車輪系20インチと26インチ)で、規定のコースを

決められた時間内に足を着かずに走りきれるかを競う。

1970年代スペイン発祥の競技で、UCI規則による

全日本選手権が毎年、長野県佐久市で開催されている。

長野県勢では、2019年に土屋凌我(岩村田高出)が

日本王者になった。(文:松本敦)

 

(参照元:Youtube)

 

 

関連LINK

日本自転車競技連盟

日本自転車トライアル協会