〔レポート〕「第一回中川村グラベルクリテリウム大会」レポートと結果。

《速報!》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日)

第一回中川村グラベルクリテリウム

 

 去る7月21日(日)に、信州シクロクロス南信州ステージの会場《天の中川河川公園》にて「第一回中川村グラベルクリテリウム」が開催された。大会を主催したのは駒ヶ根市の自転車店「ロンド・バイシクル」と、飯田市の育成クラブチーム「ボンシャンスクラブ」の協力で大会は開催されました詳しくは下記の通り…

 

 

大会レポート

 

シクロクロス南信州大会でお馴染みの中川村「天の中川河川公園」にて
 
舗装路とダートを組み合わせたコースで1周約1.5キロのコースで着順を競う。
 
ロードレーサーでも太めのタイヤなら走れるコースであるが、グラベルロード
 
やシクロクロスバイク向きのフラットコース。MTBでも参加可能は可能なレースである。
 
《Bone Chanceクラブより》
 
 
 

大会結果

 

◎エリートクラス 2組(8週)

 
OP 丸山 厚 (ROND Bicycie)
1位 兼子 博昭 (スワコ・レーシング)
2位 山田 健司 (スワコ・レーシング)
3位 川上 誠一郎
 
 
 
 
 

 
 

◎エリートクラス 1組(7周)

 
1位 山田 尚弘
2位 松村 晃秀
3位 伊藤 明弘
 
 

 
 

◎カデ・クラス(中学生)(5周)

 
1位 大蔵 悟生 (ボンシャンス)
2位 村井 祐圭 (ブラウ・ブリッツェン)
3位 湯沢 コナン (ボンシャンス)
 
 
 
 
 

 
 

◎カデ・クラス(小学高学年)(4周)

 
1位 木下 逞生空 (ボンシャンス)
2位 鈴木 名人  (ボンシャンス)
3位 近藤 たける (イナーメ・信州山形)
 
 
 
 
 

 
 
 

◎キッズ・クラス(小学低学年)(2周)

 
1位 藤沢 寿成
2位 水上 よう
3位 菊池 たくま
 
 
 
 

 
 
 

◎キンダー(小学生未満) (ショートコース)

 
完走者全員表彰
 
 
 
 
 
 
以上が中川村で行われた
 
第1回中川村グラベルクリテリウムの
 
レポートでした。
 
今回、このレポート及び画像は
 
ボンシャンスクラブ様より提供を受けました。
 
話題のグラベルクリテリウム
 
来年はさらに大会が大きくなることを
 
お祈り致します。次回はこのサイトでも
 
事前告知致しますので気になった方は
 
是非ご参加を…
 
 

 

 

 

関連LINK

ROND Bicycle(主催:facebook)

ボンシャンス(協力)