〔結果〕2020年MTBアジア選手権ジュニアで松本一成(TEAM SCOTT JAPAN/諏訪実)が連覇達成!

《重要》全国高体連自転車専門部は、3月16日から開幕の「第43回 春の全国高等学校選抜自転車競技大会」について、中止ないし無観客での開催を視野に入れることを示唆、今後の対応が注目される。詳しくはこちら(2月27日) 《ニュース》前橋競輪最終日『最終12レースA級決勝』デビューから4場所連続の完全優勝を目指すゴールデンルーキー菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が残り半周から豪快な走りを見せ快勝!昇格後初のシリーズを完全制覇‼これでデビューからの連勝は12となった。ダイジェスト動画(10月23日) 《ニュース》西武園競輪2日目『第5レースA級チャレンジ準決勝』で地球環境高出身の宮下一歩(長野県)がおよそ1周半のロングスパートで逃切り初日に続き二連勝!最終日の決勝に臨む。ダイジェスト動画(10月23日)   《ニュース》京都向町競輪最終日 『第5レースA級特選』に 小峰烈(長野県)が登場。残り半周で5番手に付けると、前4名の選手を豪快に抜き去り1着!今年に入り7勝目を挙げた。ダイジェスト動画(2月21日)  《ニュース》昨年UCI規定により、定年のため引退した 小林秀一 前長野県自転車競技審判長が「長野県スポーツ振興功績者」として表彰されることが内定。授賞式は来月、長野県庁で行われる(2月20日) 

 

〔結果〕「2020年MTBアジア選手権ジュニア」で松本一成が連覇を達成!

 

 現在タイ・チェンライで行われている2020年のMTBアジアNo1を決める「マウンテンバイクアジア選手権」のクロスカントリー・ジュニア部門にて、諏訪実業高の松本一成(TEAM SCOTT JAPAN)が昨年に続いての二連覇を達成。2020年のアジアチャンピオンとなった。詳しくは下記の通り…

 

 

 

MTBアジア選手権クロスカントリーJr.結果

 

Cross-Country Olympic – Men Junior
19.2km (4.8km x 4 Laps)

1位 松本 一成     日本代表  1:12:41
2位 HEO, Seungsoo   韓国代表  1:12:58
3位 中島 渉      日本代表  1:13:56
4位 PHONGSIN, Phonkla  タイ代表  1:18:03
5位 LI, Yi Chen     台湾代表  1:21:41
6位 TANGPU, Adonis  インド代表 1:21:49
7位 VO, Huu An     ベトナム代表 1:21:59 
8位 KARASSYOV, Yegor カザフスタン 1:22:34

公式リザルト(PDF:大会公式HP)

 

 

 

 

アジア選手権3日目は

ジュニアの松本一成選手が

アジア選手権連覇を達成しました。

大会4日目には姉である

松本璃奈選手が女子エリートの出場する他

男子エリートにも長野県勢が登場します。

県MTBライダーに温かいご声援のほど

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

関連LINK

大会公式ホームページ(英語)

アジア自転車競技連盟

日本自転車競技連盟

MTBリーグ

TEAM SCOOT JAPAN