〔告知〕長野県自転車競技連盟主催「美鈴湖自転車学校2020」8月開催についてのお知らせ。

〔結果〕静岡競輪競輪最終日「最終9レースA級決勝戦」初日・二日目と連勝で決勝を迎えた菊池岳仁(長野県/岡谷南出)この日も残り1周から一気にスパート!そのまま今日も逃げ切り今節初日から三連勝の完全優勝を達成した。ハイライト動画(8月11日) 〔結果〕青森競輪最終日「3レースA級選抜」初日快勝の小峰烈(長野県/松本工出)この日は、最終回に2番手につけると、最終ストレートで見事な伸びを見せて快勝!今節最終日を勝利で締めくくった。ハイライト動画(8月11日) 〔結果〕静岡競輪2日目「8レースA級準決勝」昨日圧勝の菊池岳仁(長野県/岡谷南出)この日も最終の鐘と共に先頭に出るとそのまま先頭を譲らず1着!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(8月10日)〔結果〕青森競輪2日目「7レースS級準決勝」 柿澤大貴(長野県/岡谷工出)は、最終回に共闘の2名と前方へ出ると最終直線で先行選手をかわし1着!明日の決勝へ進出を決めたハイライト動画(8月10日) 〔結果〕静岡競輪初日「8レースA級予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)は残り2周回から一気のロングスパート!この日は足も軽くそのまま圧勝!明日の準決勝へ進出を決めた!ハイライト動画(8月9日)  〔結果〕青森競輪初日「7レースS級予選」上原龍(長野県/佐久長聖出)は残り半周から一気に二人を抜き我慢の走りで1着!明日の準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(8月9日) 〔結果〕青森競輪初日「1レースA級予選」小峰烈(長野県/松本工出)は関東ラインで共闘すると3名で先行、最後のストレートで1番選手をかわして1着、明日の準決勝へ進出を決めた!ハイライト動画(8月9日) 〔結果〕弥彦競輪最終日「第4レースA級一般」等々力久就(長野県/岡谷工出)は残り半周から4名の大接戦を制して1着!今節最終戦を勝利で飾った。ハイライト動画(8月8日) 〔結果〕弥彦競輪最終日「第2レースA級一般」長野県現役競輪最年長52歳の木下章(長野県)は残り半周から前走選手4名を抜いての快勝!前節に続き今節でも1着で好調をアピールした。ハイライト動画(8月8日) 〔結果〕宇都宮競輪二日目「2レースL級ガールズ予選Ⅱ」黒河内由実(長野清泉女学院出)は、粘りの走りで最終ストレート勝負に持ち込むと併走選手の落車を間一髪かわし、勢いそのまま前走選手を捉えて快勝! ナントこのレース2車単は86,980円(36番人気)、3連単は実に203番人気の808,750円(80万車券)と云う大波乱のレースを制した!ハイライト動画(7月31日)《走行注意》長野県内各地で大雨の影響による「がけ崩れ」などが多発しております。サイクリングにお出かけの際は当該地域の最新の情報をご確認下さい。(7月14日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

「美鈴湖自転車学校2020」8月開催についてのお知らせ。

 

 長野県自転車競技連盟主催「美鈴湖自転車学校」では

8月期の開催を、8月30日(日)に設定して準備を進めて参りましたが

ここ数日の全国的なコロナウイルス感染拡大を鑑みて

8月の開催を一度「保留」致します。

 

尚、今後の開催可否につきましては

8月17日(月)までに改めて発表致します。

 

いつも多くの皆様にご参加頂き、楽しみにして下さっている方々には

大変申し訳ありませんが、現在の『感染拡大加速の状況』は 

いかんともしがたく、皆様の「安全」と「健康」を第一に考慮した

現状での苦渋の判断と、御理解頂けますようお願いを申し上げます。

 

 

 

2020年 第1回美鈴湖自転車学校の模様

 

 

 

 

何よりも子供達の安全を最優先に開催の可否を見極めたい。

 

 

 

サイクリング長野より

 

 

コロナに関しては「統計学的」・「医学的」にも

様々な見方が出来ると思います。

10人10通りの見解もあると思います。

 

しかしながら、個人的にいま強く

危惧することは、「病気になること」と

それによって生じる「社会的なリスク」です。

 

この「社会的リスク」も…

 

その人の置かれている状況・立場に

よって「罹患して失うモノ」は、人により

大きく変わってくると思います。

 

先ず、このリスクを考慮するとともに

 

当サイトでは2月以降

コロナに対しては、様々なことを

語り尽くして来ましたが…

 

とにかく、自転車学校に関しては

参加者の安全と健康が第一です。

それが、ただの風邪であっても

集団感染すれば、学校も閉鎖されます。

 

 

何であれ、美鈴湖自転車学校が

集団感染の温床になっては絶対にいけない

と思っています。

 

現状の政府・自治体の政策下では

残念ながら、感染を鎮静化させる

有効な対策も全く講じられる気配も無く、

感染者が減少するのは、神頼み。

ポジティブな要因が見つかりません。

 

こうした状況下で、今月の開催は極めて

厳しい見通しとなりますが、それでも

8月17日までは現状を見極めたいと思います。

 

様々なご意見があるかと思いますが

皆様の御理解を頂けますようお願い申し上げます。

 

 

美鈴湖自転車学校は以上の皆様の御協力によって運営されています。

 

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

サイクルカフェ・宿 maaru

Velenyo

安曇観光タクシー

サイクルカフェピラータ

キャンバス

松本市