《重要なお知らせ》学連主催「長野県内開催公式レース」7月以降のスケジュールが変更へ

《速報!》富山競初日「第7レースS級予選」に柿澤大貴(長野県/岡谷工出)が登場。残り半周で最後尾から奇襲を仕掛け前走選手に競り勝つと勢いそのままゴール前で先頭を差し切り快勝!明日の準決勝へ進出。ハイライト動画(6月3日) 《お知らせ》6月2日より国営アルプスあづみの公園が再開致します。MTBパークのご利用についてはこちら(6月2日)  《お知らせ》6月1日より松本市美鈴湖自転車競技場が通常営業を開始!県内外全ての皆様の御利用が可能です。また、富士見パノラマMTBパークもオープンとなります。(6月1日)  

学連主催長野県内公式戦の7月以降のスケジュールが変更へ

 

 日本学生自転車競技連盟(学連)が5月16日、

7月以降の大会スケジュールの変更を発表した。

それによると、今夏の県内開催は下記のように

変更される…

 

 

7月以降の県内大会について

 

 

大会名 変更前 変更後 開催地
JICF INTERNATIONAL TRACK CUP 7月4日・5日 中止 松本市
全日本学生オムニアム選手権 7月4日・5日 秋から来春を目処に延期 松本市
トラックレースシリーズ第2戦 7月11日・12日 中止 松本市
白馬クリテリウム 7月18日・19日 10月を目処に延期 白馬村
インカレ(トラック) 8月21日~23日 8月28日~30日 松本市
インカレ(ロード) 8月30日 9月6日 大町市

2020年7月以降の大会について(PDF:学連公式HP)
学連大会今後の暫定スケジュール(PDF:学連公式HP)

 

尚、学連は4月開催予定だった「菜の花飯山ロード
6月に開催予定だった「木曽おんたけTT&ヒルクライム」の
両レースについても既に、9月以降の順延を発表している。

 

 

 

「全日本学生オムニ」「白馬クリテ」の両レースも
延期となったことで、この秋以降の県内開催大会の
日程の大幅な変更が予定される。また、
一般オープン参加可能な大会については
改めてお知らせします。

 

 

 

以上が、本日学連より発表されました。

しかしながら、今年は既に東京五輪の影響で

他の全国規模大会が9月以降に殺到している上に

長野県が秋以降、学連主催大会を4つ

受け入れることは現実的に非常に難しい

状況だと考えられます。

 

仮に学連主催大会の延期大会を

全て受け入れた場合、シクロクロスも含めて

大きなスケジュールの変更があるかと

思いますので、遂次スケジュールの変更を

ご確認頂けますようお願い申し上げます。

 

 

関連LINK

日本学生自転車競技連盟

 第75回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会(学連公式HPより)

 
麻の館(最寄りの施設:麻の資料館)
 
アルピコ交通大町線(長野方面よりのバス)
 
大町市民バス(松本方面よりのバス美麻線を参照)